THE ヴァイオリン協奏曲

いろいろな曲を聴き、様々な楽器や声楽のことを知るほど、
やっぱりヴァイオリンとピアノが一番好きだなぁ〜と再認識する今日この頃。
ヴァイオリン演奏を聴くのはこれまで室内楽中心だったけれど、これからは
コンチェルトも少しずつ聴いてみたいと思っていた矢先、
池袋の東京芸術劇場でヴァイオリニストの五嶋龍さんの
コンチェルトがあると知り、昨年11月初めにチケットを取りました。
出遅れたのでステージから遥か遠い3階席でしたが、
同じく準・龍さんファン?の友人と聴きに行ってきました。

2017年3月21日 東京芸術劇場 コンサートホール 19時開演

エリアフ・インバル指揮
ベルリン・コンチェルトハウス管弦楽団

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
ヴァイオリン 五嶋龍

マーラー 交響曲 第1番 ニ長調 巨人

クラシック界の若きスーパースター 龍さんがソリストということもあり、
ホールは満席で客席はいつもより若い女性が多かったです。
メンコンの愛称で親しまれているメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は
定番中の定番。
龍さんの美しく艶やかなヴァイオリンで、華やかでロマンチックな名曲を堪能‼️
もっともっと龍さんのヴァイオリンを聴きたいと思いました。
壮大なオーケストラとソリストの演奏を楽しめるコンチェルトは
室内楽とはまた違った魅力がありますね。

マエストロはマーラーがお得意だそうですが、
後半のマーラーの巨人は、残念ながら好みではありませんでした。
(演奏云々ではなく曲自体が。アンチGだからという訳でもなく。)

先日、会員になっているフィリアホールからのチラシが届き、
何気なく見ていたらなんとラファウ・ブレハッチのリサイタルが‼️
もし来日したら聴きに行きたいと思っていたピアニストの筆頭、
しかも家から近く馴染みのあるホールにブレハッチが来るなんて、
信じられないくらいです。
ダメもとで先行予約に申し込んだら、当選しチケットが取れました。
500人程の小さなホールでブレハッチの演奏が聴けると思うと
半年以上も先ですが今から本当に待ち遠しいですconfident

ここ数年、横山さん中心でぷち追っかけ状態でしたが、
今年はもう少し幅広く聴きに行こうと思います。

Ryugoto


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ヒヤシンス開花

桜の開花予想が出る時期になりました。
暖かい日が続き、3日ほど家を留守にしている間にベランダのヒヤシンスが開花‼︎
頂き物の球根なので、咲くまで色がわからなかったけれど、
白、濃いピンク、薄いピンクとなかなか良い色のバランスでした。
チューリップはもう少し先のお楽しみ。

毎年同じようなことを書いていますが、寒暖の差が激しくスギ花粉がピークの
今頃がいちばん苦手な季節。
もう少しの間の辛抱ですcoldsweats02

Hana20170320


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

TAUでお買いもの

先日、久しぶりに銀座のTAU広島ブランドショップに
行ってきました。
一階は食料品で、二階はお酒、スポーツ関連、工芸品などがあります。
平日だというのに、一階はたくさんのお客様で活気がありました。

Tau201701
TAUに行ったらカープグッズは外せませんねhappy01
あれこれ迷った末に、丸佳浩選手のストラップを購入。
丸ちゃんが今年も怪我なく活躍できますようにと願いを込めてclover

コースターは広島市下水道マンホールデザインだそうです。
オープン戦も始まり、開幕が待ち遠しい今日この頃です。

Tau201702

食料品はレモスコ、名前の通り、タバスコ+レモン。
因島の八朔ピールはヨーグルトと一緒に。
柑橘類の加工品がお気に入りです。

銀座、有楽町界隈は全国の道府県のアンテナショップが集中しているので、
あれこれ巡るのは楽しいものです。
広島の後は、山形、沖縄、石川、北海道、富山などへ行き、
旅の思い出の美味しいものを購入してきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ねむねむマルちゃん②

ねむねむクッションでおネムのマルちゃんcat

Maru20170100


Maru20170110img_1651


Maru20170111


Maru20170112


Maru20170101

寝ぼけ顔

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

「題名のない音楽会」公開収録

今月は演奏会に行く予定はなかったのですが、1月に応募した題名のない音楽会の
公開収録に当選したので、2/2 サントリーホールに行ってきました。
観覧応募の段階では、日時と会場、主な出演者のみの情報でしたが、
ピア二スト辻井伸行さんの名前があったので、競争率が高いだろうということと、
会場がサントリーホールなので、スペシャルな企画?というのは事前に予想がつきました。

当日ホールに行って、渡されたパンフレットを見ると
第1部 2500回記念 ③祝典の音楽会
2/19(日)放送予定 2/26(日) BS放送予定
第2部 2500回記念 ④歴史を彩る音楽会
2/26 (日)放送予定 3/5(日) BS放送予定
まさにスペシャルプログラムsign03
(放送2回分を収録)

放送前なので詳細は控えますが、豪華な出演者揃いで
工夫を凝らしたとても贅沢なプログラムでした。
特に心に残ったのは、第2部 辻井伸行さんのピアノ協奏曲第1番
ショパンの青春時代に書かれた曲で、演奏は第3楽章のみでしたが、
瑞々しくキラキラした曲に辻井さんのピアノがとても似合っていました。
それと、聴衆の温かさと熱さ。
最後の龍さんのご挨拶が、とても感激していたように思えて、
こちらも胸が熱くなりました。

2/12の放送で知りましたが、3月で司会を卒業するそうです。
この番組を見始めたのは、前司会者の佐渡さんの始め辺りからで、
龍さんになってからはほとんど観ていましたので寂しいですが、
今回記念すべき回に聴衆としてその場にいられてラッキーでした。

私たちの席はステージ横2階で、正面からは観られなかったので、
オンエアが今からとても楽しみです。

ショパン ピアノ協奏曲 第1番 第3楽章 ラファウ ブラハッチ

番組HP TV朝日
出光興産PR

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

春が来た⁉︎

早いもので2月、もうすぐ立春。
花粉に敏感な私の目は、すでに春を告げていますweep

2月に入るとプロ野球はキャンプインでメディアの情報も多くなりますが、
開幕まではあと2ヶ月、待ち遠しいです。
11月から1月までの3ヶ月のスポーツ観戦はと言うと。。
サッカー(鹿島アントラーズ)を観たり、
フィギュアスケート宇野昌磨くんの演技にウットリしたり、
稀勢の里関の初優勝&横綱昇進‼️に感動をもらいました。

先日熱海に行った時に咲いていたあたみ桜。
寒桜の一種で、日本一早い桜だそうです。きれいでした。

まだまだ寒い日が多く風邪やインフルエンザが流行っていますので、
皆さんお気をつけくださいね。

Atamisakura1


Atamisakura2


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル

2017年1月19日(木) 19時開演
ミューザ川崎 シンフォニーホール

notesプログラム
ベルク ピアノ・ソナタ ロ短調 Op.1

シューベルト ピアノ・ソナタ 第19番 ハ短調 D958

ショパン 24の前奏曲 Op.28


2017年 第一回目の演奏会は、ミューザ川崎にチョ・ソンジンさんのピアノを
聴きに行ってきました。
2015年のショパン国際ピアノコンクールの優勝者で、ソウル出身の22歳。

キラキラとした透明感のある美しい音、
力強さと繊細さのバランスが素晴らしい、正統派ピアニストという印象。

凛としたシューベルトも素敵でしたが、
ショパン 24の前奏曲 Op.28がいちばん印象に残りました。
ショパコンの時の演奏が楷書だとすると、行書。
少し変化を付けて演奏していました。

24色の宝石が煌めいているような演奏shine
ショパンのプレリュードの魅力を再認識させてくれたソンジンさんに感謝です。

所作が初々しく、独特の緊張感も伝わってきて、
こちらまでドキドキ・・・とても贅沢で濃密な2時間でした。

アンコール
ショパン マズルカ Op.30-4
ブラームス ハンガリー舞曲 第1番


ショパンコンクールでポロネーズ賞を受賞した英雄ポロネーズ

1/17 ミューザの2日前のサントリーホールではアンコール3曲で、
なんとバラード1番と英雄ポロネーズが演奏されたとかsign03
密かに期待していましたが、残念ながら叶いませんでした。
また、いつか。。。


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

冬の花2017

Hana201701
三連休は上野のトーハク(東京国立博物館)に行ってきました。
「博物館に初もうで」1/2~1/29、国宝「古今和歌集(元永本) 上帖」や
国宝「松林図屛風」など新春特別公開と、吉祥をテーマにした作品、干支の酉に
ちなんだ特集などお正月らしい作品が鑑賞できます。

日本の美術品では特に焼き物や仏像が好きなので、じっくり楽しめました。
年の始めに日本の伝統的な美しいものを鑑賞するのも良いものですね。

一階と二階の踊り場に展示されていた生け花は、若かりし頃習っていた池坊の作品。
凛とした美しさに魅せられます。

Hana201702
ベランダガーデニングは、年末にようやく冬バージョンにしました。
定番カラーのパンジー。

Hana201703
こちらはラベンダーレースという品種。
花弁がフリンジになっていて、繊細で可憐なお花です。

Hana201704
山茶花はマンションの敷地内に咲いています。
ーーー
1/9 BSジャパンのエンターザミュージックで、横山幸雄さんと関西フィルの
ラフマニノフ ピアノ協奏曲3番の演奏がありました。
いつか生で聴いてみたいと願っていますconfident


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

今年もよろしくお願いします

遅ればせながら、新年おめでとうございます。
今年もCATNIP Collectionをどうぞよろしくお願いします。

2005年に始めたブログも、今年で13年目に入りました。
進歩のないブログですが、マイペースで続けていけたら・・と思っています。

喪中が2年続いたので、久しぶりのお正月気分fuji、実家で母のお世話をしながら、
マルに遊んでもらったりして、比較的穏やかに過ごせました。

Maru20170102
新年早々、また猫だんごが見られましたheart01
大きな身体がねむねむクッションからはみ出しています。

Maru20170103

チーのちょっと迷惑そうな顔が笑える。

Maru201701
お母さん手作りの、鳥さんの被り物。
マル&チー、今年も元気に過ごしてねclover


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ごあいさつ

2016年も残りわずかとなりましたが、
今年もCATNIP Collectioncatにお付き合いいただき、
ありがとうございました。

世の中は空前の猫ブームだそうですが、
こちらは生まれてからうん十年ず〜〜っと猫ブームですよhappy01

今年は寒い季節に体調が優れずワインを飲めない時期もありましたが、
ここ数年白はシャルドネ、赤はピノ・ノワールを飲むことが多くなり
好みがだんだんブルゴーニュ党に近づいてきました。
4-5年前はシャンパン&ボルドー赤が好みだったのに、
年々嗜好が変化するのも、我ながらおもしろいなぁと思います。
美味しいワインを愉しめるのも、健康あってこそと痛感する年代に
なってきましたcoldsweats01

今年もいろいろな演奏会に行くことができましたが、
最も印象に残っているのは9月に行ったオペラシティ、横山幸雄さんの
デビュー25周年 ベートーヴェン ピアノ協奏曲全曲演奏会です。
聴きに行くだけでも覚悟がいる重量級のプログラム、
横山さんでなければできないこだわりの演奏会は
深いベートーヴェン愛が伝わってきて、感動いたしました。
私自身もベートーヴェンの偉大さと魅力が少しずつわかってきたような
気がしています。

数日前、いつ以来かわからないくらい久しぶりに虹を見ました。
新しい年が希望に満ちた一年になりますようにclover
2017年もよろしくお願いします。
Rainbow


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

千住真理子&横山幸雄デュオ・リサイタル

2016.12.23 (金・祝)
やまと芸術文化ホール メインホール 14時開演

今年のラストを飾る演奏会は、千住真理子さんと横山幸雄さんの
豪華デュオ・リサイタルshine 〜冬に咲く華〜

曲目
バッハ:G線上のアリア
ヘンデル:歌劇『セルセ』より「懐かしい木陰よ」
アルビノーニ:アダージョ
フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ長調
ーーー
シューベルト :4つの即興曲 Op142 D.935より第1番 (ピアノソロ)
ショパン :英雄ポロネーズ 変イ長調 (ピアノソロ)
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
ーーー
アンコール
マスカーニ:カヴァレリアルスティカーナの間奏曲
Yamatoc

この二人のデュオは、2013年に初めて生・横山さんを聴きに行ったフィリアホールで、
ブラームスのヴァイオリンソナタ全曲を聴いて以来。
真赤なドレスでご登場の千住さんは知的で美しい演奏、
華のあるヴァイオリニストだと思います。

今回のプログラムは小品、ピアノソロ曲とバラエティに富んでいましたが、
何といってもヴァイオリンソナタ2曲が最高でしたsign01

noteフォーレ ヴァイオリンソナタ第1番

近代フランスの作曲家フォーレ30歳の時の作品。
ヴァイオリンとピアノの多彩なテクニックや音色を駆使して書かれた曲で、
フランスっぽい洗練された雰囲気の中、瑞々しく美しい‼︎

千住さんはフォーレのこの曲が大好きだそうですが、
ピアノパートが難しいため引き受けてくれる人がなかなか見つからないとか。
横山さん、お困りの時はいつでもどうぞとhappy01

CD(ECHEZEAUX 矢部達哉&横山幸雄)で聴いていた時もかなり華麗な曲だと思っていたけれど、
今回横山さんの手元を見ていてよくわかりました。実に目まぐるしいsign01

とても華やかで美しくて、うっとり聴き惚れてしまいましたlovely

note後半はフランクの ヴァイオリンソナタ。

もっとも人気のあるヴァイオリンソナタと言われる名曲、
ピアノとヴァイオリンが優しく、時には諍いもしながら対話していき、
最後はハッピーエンド。。のイメージです。
私も好きでよく聴いていますが、特に第4楽章が明るく快活で、幸せな気分になります。

フランクはベルギーで生まれ、パリで活躍しました。
この曲は友人の名ヴァイオリニスト イザイの結婚祝いとして書かれた作品です。
フォーレもフランクも同じイ長調ですが、フォーレの方が若々しさが前面に出ているのに対して
フランクの方は落ち着いていて、円熟の味わいといったところでしょうか。
ヴァイオリンソナタって素晴らしいなぁ〜と思わせてくれる曲です。

今月前半は体調を崩してしまい、外出もままならない日々が続いていましたが、
なんとしてもこの日までには回復したいと思っていました。
本当に行けて良かった‼︎
私にとって最高のクリスマスプレゼントxmasとなりました。

今年も横山さんを中心に、いろいろな演奏会に行くことができました。
苦しみも少なくない1年でしたが、素晴らしい音楽に元気と癒しをもらいました。
コンサートに足を運べるのも、心身の健康あってこそですね。
来年もいい音楽を聴き、心豊かなひと時を過ごせたら嬉しいです。
一年間拙いコンサートレポート読んでくださった皆さん、ありがとうございました。


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

マル&チー猫だんご

Maru20161201

男の子同士、いつもはべったり仲良しということはありませんが、
この日は珍しくマルがチーのことを舐めてあげていました。
それにしても大きな猫だんごだことsign03
2にゃん合わせると10キロはありますね〜。

この直後、取っ組み合いの喧嘩?じゃれ合い?を始めたニャンズ。
仲が良いのか悪いのか、よく分かりませんhappy01

母の介護で心身共に疲れ果ててしまう時も
catマル&チーの存在が、ひととき心和ませてくれますconfident

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

NZおみやげ

先週Ottoがニュージーランドに出張してきました。
事前にお気に入りのハンドクリームをリクエストしておいたら、
たくさん買ってきてくれました。
いつもならワインリストも渡しますが今回はまだワインを口にできる状態ではないので、
リクエストしなかったのですが、1本だけ買ってきましたcoldsweats01(ATA RANGI シャルドネ)
ATA RANGIのピノ・ノワールは私がNZワインを好きになったきっかけのワインです。
早くワインを愉しめるようになりたいなぁconfident

2016年も残り少なくなってきましたが、今年を一文字で表すとズバリ
今シーズン広島カープからどれほどの感動と勇気をもらったかわかりません‼︎
今はオフシーズンで寂しいですが、選手の皆さんにはゆっくり休んで英気を養ってもらいたいですね。

Nz2016


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

«師走なのに