« ドイツのおみやげ その4 ミニチュア2点 | Main | ホワイトアスパラの季節 »

ワイン講座 第3回 ロゼ・シャンパン

比較ティスティングで楽しむワイン講座 第3回は、ロゼ・シャンパンです!  シャンパンは大好きですが、ロゼシャンパンは不思議と飲んだ記憶があまりないのです。ロゼは色あいからしておしゃれですよね~(だから縁がないのかな!?) 心躍る、特別なお酒という感じがします。

Rose1

1990年頃を境にして、ロゼの出荷量が世界的に伸びているそうで、特に日本では若い女性を中心に大きなマーケットになっています。ロゼ・シャンパンの魅力としては、やはりあの美しい色あい、視覚的な意味合いと、希少価値、より高価なイメージがあげられます。
<ロゼ・シャンパンの造り方>
1.白ぶどう(シャルドネ)と黒ぶどう(ピノ・ノワール&ピノ・ムニエ)をブレンドし、そこにピノ・ノワールのスティルワインを加える
2.黒ぶどうを漬け込むことによって、必要な色素を抽出するセニエ法 皮ごと漬け込むことによって、色素や香り、タンニンの抽出をよくする

通常は4種類のワインをブラインドでティスティングしていますが、今回は5種類!! 太っ腹の生徒さんが、なんとヴィンテイージものを1本、寄付してくださったのです。さっそくティステイングに入りました。

まず5種類のロゼ・シャンパン(うち1つはノン・シャンパン つまりスパークリングワイン、そして一つはヴィンテージもの)さてさて、違いはわかるでしょうか?
注がれた5つのグラスを比較して、まずびっくり! ひとくちにロゼといっても、これだけ色あいが異なるなんて、比較しなければわからないことです。

グラス左から1.2.3.4.5 私の感想です(初心者なので、へんな表現が多いかも。。)  好み ◎ ○ △
1.色あいはややオレンジっぽく、泡が元気。甘い香り、フルーツジュースのような感じ △
2.淡いサーモンピンク 泡クリーミー 若々しい爽やかな酸味 ○
3.ルビー色のような濃いピンク キレイ まろやかでほどよい酸 ◎
4.黄金色でこれがロゼ?と思うような香り 熟成された香り △
5.オレンジがかったピンク 泡細かい 自分が持っていたロゼ・シャンパンのイメージそのもの。酸味と甘味のバランスよく5種類のなかで一番スキ  ◎◎

さて銘柄発表! 
なんと、ヴィンテージは私が一番おいしいと思った5番でした。うーん、納得!!
ノン・シャンパンは1番のフェラーリ・ペルレでした。

1.フェラーリ・ペルレ(イタリア)
2.ポメリー ブリュット・ロゼ NV(ノン・ヴィンテージ)
3.モエ・エ・シャンドン ブリュット・アンペリアル・ロゼ
4.ヴーヴ・クリコ ローズラベル NV
5.ヴーヴ・クリコ ヴィンテージ

とても贅沢な2時間でありました。
この講義の数日後、我が家になんと「ドン・ペリニヨン ロゼ ヴィンテージ1995年」がやってきました。いただきものなのですが、なんという偶然でしょう。シャンパンの王様と言われているもので、1995年は特にできのよい年なのです。いつ開けようか?今からわくわくします。

Rose2

|

« ドイツのおみやげ その4 ミニチュア2点 | Main | ホワイトアスパラの季節 »

ワイン」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。はじめまして。
ロゼのシャンパンって綺麗ですね!
まだ一度しか飲んだことが無いです。
美味しそう~         byぴよこ

Posted by: ぴよこ | May 29, 2006 16:53

ぴよこさん
ようこそ、いらっしゃいませ!
ロゼ・シャンパンはおいしさはもちろん
グラスに注がれた色、泡。。とてもロマンチックなお酒ですね。
また遊びに来てくださいね。

Posted by: Hiro | May 30, 2006 08:02

Hiroさん、おはよう。
ロゼシャンパン、↑にはホワイトアスパラ、贅沢感を感じますよ~~。
シャンパンのことは詳しくない私ですけど、
ロゼは高価なんですよね?
1995年物のドンペリロゼの開封はいつになるのかな~~。
お楽しみですね。

Posted by: なべさな | June 02, 2006 08:28

>なべさなさん
ロゼシャンパンはちょっと高めですけど、
味はもちろん、あの色と泡を眺めているだけでも贅沢な気分になれますね♪ 合わせるお料理はオールマイティだけど、特に同じような色の
サーモンマリネが合うようです。
ドンペリロゼは?今月は誕生日があるので、記念に開けようかな!? 

Posted by: Hiro | June 02, 2006 09:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドイツのおみやげ その4 ミニチュア2点 | Main | ホワイトアスパラの季節 »