« July 2006 | Main | September 2006 »

ヤシガニ

ねえ、これってイセエビ? かに? おいしそうだけど、今までみたことないよ。
沖縄のほうにいるヤシガニっていうものらしいよ。
***ヤシガニはヤドカリの仲間で、6-8月の大潮の晩、波打ち際で産卵する。幼生は海で一定期間を過ごし、変態後、稚ガニとなって陸に戻ってくる。ヤシガニ好きの人は、卵を抱えた時期のものが絶品だという。カニミソをつけながら、茹であがった身を食すのがたまらない。***説明書きより
いちど食べてみたいものです! 
このフィギュアは、サッポロビールについていたおまけで、組み立て式になっています。おまけでこの精巧さは、驚きのひとことです。
<サッポロビール 沖縄物産展フィギュア ヤシガニ(ゆで)シークレット 海洋堂製>
Yasigani1
Yasigani3

| | Comments (0)
|

世界のビール

関東地方ではここ数日しのぎやすい日が続いていましたが、今日は猛暑復活。
蒸し暑い日は特に(笑)、すっきりしたビールや、よく冷やした白ワインが飲みたくなります。
先日、ベルギービールを中心とした世界のビールが飲めるお店COPAへ行ってきました。
世界でいちばん飲まれているピルスナービール発祥の地は、チェコのピルゼンという町なのを、ご存知ですか?ビール好きとしてはいつか行ってみたいと思っているのですが、これはピルスナー・ウルケル ピルゼンのビール。ウルケルは元祖という意味だそうで、苦味の強い、これぞピルスナー!というビールです。
暑い日はこんなビールをよーく冷やしていただくのが、最高です♪♪
Copa1

Continue reading "世界のビール"

| | Comments (2)
|

日本の職人技!食品サンプル

渋谷の東急東横店で開催されている「日本の職人展」(8/17-23)に行ってきました。目的はもちろん、食品サンプルのながお食研さん。落ち着いた雰囲気の会場の一角、サンプルちゃんのコーナーは、スゴーイ! カワイイ!という黄色い声?の嵐でした(笑) 
食品サンプルは、素晴らしい日本の職人技だと、再認識しました。
海老玉丼と、ストラップ2個ゲットです。
Nagao4

Continue reading "日本の職人技!食品サンプル"

| | Comments (4)
|

ブログ1周年

皆さん、こんにちは。蒸し風呂に入っているような毎日ですが、夏バテなどしていませんか?
HP ヨーロッパ旅エッセイの別館としてスタートしたCATNIPミニミニコレクションも、早いもので1年経ちました。
最近は飲んだお酒の備忘録と化していますが、これからもかわいいもの、おいしいものなど、マイペースで紹介していけたら・・と思っています。
いつも遊びに来てくださる皆さん、ありがとうございます。これからもお付き合いくださいね☆
Kosmos2005

| | Comments (12)
|

フランスワインは難しい

GWにシャルル・ド・ゴール空港で買ったワイン。Chateau Potensac MEDOC 1999。
最近カリフォルニアの赤ばかり飲んでいたので、それと比べると、色が濃く、重厚な味で違いは明らかでした。
文句無しにおいしかったです!
フランスのワイン売り場は、種類がたくさんありすぎて、選ぶのに一苦労です(笑)
大学時代フランス語を少し勉強したのですが、もうすっかり忘れてしまったし、読み方も難解。
シャトーなんとかが非常に多いので、頭が混乱します。
ワインの世界に足を踏み入れてしまったからには、読み方も少し慣れないとね。。。
Ch01

| | Comments (0)
|

レースのボード

トール&デコラティブペインティング教室の最新作。
レースの手描き、くたびれました~!
Lace2

| | Comments (6)
|

スペインのCava

年中泡モノが大好きですが、蒸し暑い日には特に恋しくなります。今回はカヴァ<Cava>を選んでみました。カヴァとは、スペイン産の瓶内二次発酵方式のスパークリングワインのこと。スパークリングワインはフランスのシャンパンがあまりに有名ですが、他の国々でもシャンパン方式で造られています。ワインに人工的に炭酸ガスを入れたものはワインと見なされず、発泡させるために瓶内発酵、もしくは密閉タンクを使う方式があります。スペインはカヴァ、イタリアはスプマンテ、ドイツはゼクトと呼びます。
近所のスーパーで手に入れた、フレシネ社のコルドン・ネグロ ブリュット。辛口なので、どんなお料理とも合いますよ。
Cava3

Continue reading "スペインのCava"

| | Comments (2)
|

残暑お見舞い

残暑お見舞い申し上げます。
夏休みで旅行に出かけられている方も多いようですね。皆さんはなにかご予定はありますか?
私は9月初旬に、東北地方へ行く予定になっています。その頃は涼しくなっているといいな~
(画像は富良野のラベンダー畑。本文とは関係ありません(笑)
Lavender5

| | Comments (0)
|

ドイツのおみやげ その7<ドイツのパン屋さん>

ドイツのおみやげシリーズも、これが最後でしょう(たぶん?)。
ゴールデンウィークにレーゲンスブルク(ドイツ)で出会った木のお人形。大きさは7.5センチ。素朴で、ドイツらしい雰囲気が気に入り、日本に連れてきました。
最近は、ドイツパンをいろいろなところで見かけるようになりました。酸っぱくてパサパサでちょっとね・・という人もいらっしゃいますが、私はどちらかと言えばふわふわの真っ白いパンよりも、黒っぽくて噛み応えのあるドイツパンのほうが好きですね。ハム・ソーセージはもちろんのこと、最近はドイツのチーズも気に入っています。どんどんドイツ贔屓になっていくような気がするわ~(笑)。
Panya1_1
Panya3

| | Comments (0)
|

お気に入りワイン グラス・マウンテン

最近はカリフォルニアの赤をよく飲んでいますが、ワインの講座で知ったボン・テッラ(Bon Terrra)に続き、定番になりそうなワインを見つけました。
Glassm
Hanakoのワイン特集に、たくさんのワインが紹介されているのですが、その中で目にとまったのがグラス・マウンテン(カリフォルニア)。メルロー種で特に評価が高いマーカム社が造るデイリーワインで、値段も1854円とお手頃。以下、専門家のコメントです。
「熟したベリー香に混ざって、干しイチジクや焙煎したコーヒー豆の香り。濃縮感があり、雑味がない。口当たりがよく、なめらかでしっとりした味わい。」(メルロー)
「(カベルネソービニヨン)は、オーク樽で17ヶ月熟成されたスパイス香がある。」
メルロー、カベルネ両方購入して、まずはカベルネのほうを飲みましたが、デイリーワインにふさわしく、非常に飲みやすくおいしいワインでした。
講座では香りや色なども観察するのですが、オーク樽の香りをチェックするのを忘れてしまいました。。。
フリーアナウンサーで、ワインエキスパートでもある永井美奈子さんもお気に入りのワインだそうですよ。

| | Comments (0)
|

ワイン講座第7回 ブラン・ド・ノワールとジンファンデル

泡ものシリーズ、今回はブラン・ド・ノワール、黒ぶどうだけで作られた貴重なシャンパンです。
Noir1

Continue reading "ワイン講座第7回 ブラン・ド・ノワールとジンファンデル"

| | Comments (5)
|

鰯のミニチュア?

ちょっと珍しいものを入手しました。
Chirimen1

Continue reading "鰯のミニチュア?"

| | Comments (4)
|

カボチャの馬車

リモージュボックス<カボチャの馬車>を、本館ヨーロッパ旅エッセイにUPしました。Basya1

| | Comments (0)
|

« July 2006 | Main | September 2006 »