« CATNIP Collectionになりました | Main | もうひとつの楽しみ »

ワイン講座第9回 ピノ・ノワール

秋の気配を感じる今日この頃。秋は新酒の季節でもありますね。
今年は山梨のワイナリー訪問を計画しています(楽しみ♪)
ワイン講座も中編はあと2回を残すのみとなりましたが、今回はピノ・ノワールです。
あれ? 見た目はどれも同じに見えるわ・・・
Pino1

ピノ・ノワールはボルドーのカベルネ・ソーヴィニョンと双璧をなすブルゴーニュの代表的赤ワイン用ぶどう品種であり、シャンパンの主要黒ぶどう品種でもあります。タンニンはカベルネ種よりも控えめですが、繊細でボディのあるワインが特徴。
ふだん赤はボルドー派で、ブルゴーニュは飲む機会が少なめで、個人的にはなじみのうすいワインです。
グラスを比べてみると、色あいはカベルネに比べると薄く、この4つはほとんど違いがわかりません。香りは1.2がやわらかめですが、3は特徴的なアニマル臭!! ちょっと苦手かな。4はフローラル、ハーバルで上品な感じです。味は4つとも全体に甘味を感じたのですが、その中でもほどよい酸味がある2がいちばん気に入りました。次は4番。
恒例の人気投票は3がダントツ。意外にもアニマル臭が好きという方が多く、びっくりでした!
なおピノの特徴として、時間とともに香りが変化する・・ということがあります。ゆっくり食事を楽しみながら飲むワインとしては、最高かもしれません。
Pino2
1.コート・デュ・ニュイ ル・ヴォークラン 2000 (ブルゴーニュ)
2.コート・デュ・ボーヌ ジョセフ・ドルーアン 2001 (ブルゴーニュ)
3.マウントフォードエステイト 2002 (ニュージーランド)
4.ジ・アイリー・ヴィンヤーズ 2002  (アメリカ・オレゴン)

|

« CATNIP Collectionになりました | Main | もうひとつの楽しみ »

ワイン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« CATNIP Collectionになりました | Main | もうひとつの楽しみ »