« December 2006 | Main | February 2007 »

グラニースミス

ヨーロッパの人たちがよく食べている、酸味が強く、堅めで小ぶりの青リンゴ・・・あれが大好きですが、日本では見かけたことがありませんでした。普段スーパーで見かけるリンゴは甘味の強いもの、やわらかい品種が多い気がして、好みの違いで仕方ないかな~と思っていました。先日、会員になっているらでぃっしゅぼーやのカタログにグラニースミスという青リンゴが載っていたので、注文してみました! 届いたものはヨーロッパで見るものに比べだいぶ大きめですが、歯ごたえと爽やかな酸味はむこうで食べた味に近く、嬉しくなってしまいました。
残念ながらスポットでしか入手できないようですが、ゆっくり味わっていただきま~す♪
Ringo

| | Comments (0)
|

カチョカヴァッロ

ひょうたん型のカチョカヴァッロというチーズです。
北海道の生産者 牧家さんによると<以下抜粋>イタリア南部やシチリア北部に伝わる製法によるもので、かつては馬(イタリア語でcavallo)の乳で作られていたのが、その名前の由来だとか。なぜ、ひょうたん型をしているかというと、熱湯で凝乳(カード)を練ってカタチを整えたあと、紐で結わえて吊すして乾燥熟成させるため、自らの重みでこのようになるんだそうです。
味はやさしいミルクの味がして、とても食べやすいです。スライスしてオリーブオイルで焼いてもGOOD.
成城石井で見つけた「12か月熟成ゴーダチーズ」というのも美味しかったですよ。通常よりも長く熟成させた分、旨みとコクが出て、赤ワインにもよく合いました。
Katyoka

| | Comments (6)
|

新鮮回転寿司

回転寿司の進化・・すごいですね~ (ぷちも、本物のお店も)
昔は安かろうまずかろう・・でしたが、今は季節の高級ネタやおつまみもあったりして、嬉しくなってしまいます。
最近、ぷちは中身の見える状態で売られているお店で、気に入ったものだけ買うようになりました。
このシリーズは私にとって久々のヒット! 初期の回転寿司とは比べ物にならない精巧さ、完成度です。
あぶりトロ、アジ、カリフォルニア巻き。。。好物を並べてみました。もちろん、ビールもね。
皆さんの好きな寿司ネタは何ですか?
<リーメント 新鮮回転寿司>
Kaitensusi

| | Comments (4)
|

もずちゃん

沖縄で買ってきた乾燥もずく「もずちゃん」。エキセントリックなパッケージがカワイイでしょう!?
もずくを海苔のように板状にして乾燥させたもので、スナックやおつまみ感覚でポリポリできます。ダイエットには、これを食べたあとに、水を多めに飲んでくださいと書いてあります。ダイエットはともかく、フコイダンいっぱいでヘルシーなもずくは、沖縄料理に欠かせませんね。
沖縄でおいしかったもののひとつに、もずくの天ぷらがあります。オリオンビールとの相性もGOODでしたよ☆
本館に沖縄たべある記をUPしました。
Mozutyan
Naha1_1

| | Comments (8)
|

ももいろメルロー

珍しく近所のスーパーでワインを衝動買い。メルシャンのももいろメルロー(購入価格1587円)。可愛らしいロゼワインの色&ラベルに惹かれて瓶の裏を見てみると、甘そうな色に反して味は「辛口」とあるではないですか。これが甘口とか中甘口だったら買わないのですが、いったいどんな味なのか興味津々になって購入しました。(手頃な値段だったから・・とも言える?)
***YOMIURI ワインニュースより抜粋***
「ももいろメルロー」は長野・桔梗ヶ原地区のメルローと山梨県産マスカット・ベリーAから生まれた。「桔梗ヶ原メルロー」「長野メルロー」などの醸造過程でセニエのために引き抜いたメルロー果汁を発酵させ、ステンレスタンクで貯蔵、2月にビン詰めする。勝沼ワイナリー周辺で春に咲く桃の花の色に近づけるため、マスカット・ベリーAで造った赤ワインを18%加える。
***
香りはベリー系の甘い感じなのに、飲んでみるとすっきりした辛口、見た目と味のコントラストに驚き! とても飲みやすく、和食とも相性が良さそうです。華やかなロゼなので、これからの季節、ひなまつりとかお花見などの集まりにぴったりかもしれませんね。ただし、辛党の人に・・・ですが。そういえば子供の頃、ひなまつりの白酒が好きでしたワ。
Momoiro

| | Comments (2)
|

手書き派?

ここ数年、ニャンコが表紙になっているエピール家計簿を使っています。パソコンソフトを使えば計算がラクで、統計やグラフも出せるし便利だと思いますが、私は家計簿くらいは毎日自筆で書き込みたい派です。日々の支出のほか、できごと、食事内容も簡単に書き留めています。
年賀状の宛名書きも、ここ数年PCを使う方がずいぶん多くなりましたね。我が家でも5年くらい前からPC印刷をしていましたが、Ottoは一筆書き添えることがなく非常に味気ないので、2007年分は宛名を全部手書きしました。<結婚以来Ottoの分も下請け製作しています(笑)> Ottoに「パソコンで印刷すればよかったのに~」と言われたときは、かなり凹みましたが。。。 皆さんはいかがですか?
Kakeibo_1

| | Comments (5)
|

お知らせ

都合により、1週間ほどブログをおやすみさせていただきます。
メッセージなどございましたら、BBSのほうへお願いします。
☆ココログのメンテナンス☆  
1月16日(火)15:00~1月17日(水)15:00の約24時間
Yukinopari雪のパリ<リモージュBox>

|
|

2007年初赤ワイン

最近ワインのMyブームは、オーストラリア。泡モノのところでは、しつこく(笑)グリーンポイントを取り上げています。
赤ワインはまだあまり勉強していないので、なかなか冒険ができず、気に入った銘柄をリピートする傾向が強いです。カレン・マンガン2004は、昨年印象に残ったお気に入り。新年早々外したくないので、2007年初・赤ワインはこれに決めました。
西オーストラリア マーガレットリバーのカレン。ヴィーニャ・カレンさんという女性醸造家のすぐれたワイナリーです。
オーストラリアの赤というと、シラーズを思い浮かべるのですが、カレン・マンガンはボルドーの伝統的な品種であるマルベック60%、プティ・ヴェルド40%がブレンドされているボルドーブレンドワイン。この2つの葡萄品種をブレンドしたオーストラリアワインは、非常に珍しいそうです。
美しい赤紫色と深い味わい。<ブラックベリー、カシス、プルーンの凝縮した果実味にビターチョコレートのような甘みをほのかに感じさせる・・ショップの説明より> 購入価格¥3350
Cullen

| | Comments (0)
|

2007年初リモージュ

本館ヨーロッパ旅エッセイに、リモージュBox 「うさぎのガーデナー」をUPしました。
Gardener2

| | Comments (0)
|

世界のスパークリングワイン 最終回

年末に、世界のスパークリングワイン講座の最終回がありました。全部で50種類近くの泡モノを飲んだことになります! 
Awalast_1

Continue reading "世界のスパークリングワイン 最終回"

| | Comments (2)
|

焼鯖の棒寿司

魚が大好きですが、中でも鯖は、ベスト3に入る大好物。焼いて良し、煮て良し、揚げて良し、〆て良し、生でも(新鮮なものなら)良し・・・ ひょっとしてNO.1?(笑) 焼鯖の棒寿司、デパートの駅弁フェアでゲットしました。
Yakisaba1

Continue reading "焼鯖の棒寿司"

| | Comments (3)
|

今年も飲まなくチャ!!

このミニチュア・ボトル(約8cm)は、2002年にパリで購入したものですが、今になってエチケットを見てみると、実在のDE VENOGEというシャンパンのボトルでした。
昨年秋から年末までは、泡モノ(スパークリングワイン)の勉強をしてきましたが、1月からはいよいよ「ボルドー」が始まります。今年も元気に、いろいろなワインを楽しみたいと思いま~す。
Devenoge_2

| | Comments (2)
|

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます! 2007年はブログ3年目、HPは8年目に入ります。今年も趣味を通じて、みなさんと楽しくおしゃべりしたり、情報交換できたらいいなと思っています。どうぞよろしくお願いします。
2007nenga

| | Comments (4)
|

« December 2006 | Main | February 2007 »