« 焼鯖の棒寿司 | Main | 2007年初リモージュ »

世界のスパークリングワイン 最終回

年末に、世界のスパークリングワイン講座の最終回がありました。全部で50種類近くの泡モノを飲んだことになります! 
Awalast_1

思えば、勉強を始めるまでは、泡モノと言えば「シャンパン」に限ると思っていましたが、ノン・シャンパン(スパークリングワイン)の中にも非常に美味しいものが数多くあり、値段もシャンパンよりかなりお安い! 普段飲みはスパークリングで十分! シャンパンは特別な日にとっておこうという気になりました。また、今までなじみのなかった「ロゼ・シャンパン」の魅力を知り、選択肢がぐっと増えました。
Awalast3_1
先生からの課題で、最終回にあたり、これまで飲んだもの中からいちばんお気に入りのMyシャンパンを1つだけ選んで、その理由を述べる・・というのがありまして、私は「ビルカールサルモン ブリュット・ロゼ」に決めました。美しいロゼの色あいと、甘味と酸味のバランスがよく、エレガントな味わい・・印象に残る一本です。(ただ、お値段は¥9000と高価なので、特別な日にしか飲めそうにありませんが・・(笑)
さてこの日のブラインドテイスティングは、3種類、すべてシャンパンでした。
1.Louis-Roederer  ¥6500 最高峰は「クリスタル」
2.Ruinart  ・・・甘味を第一に感じ、程よい酸 私はリュナールが一番気に入りました。 ¥6400
3.DEUTZ   ¥5500
Awalast2_1Gp_1

自分なりの総括をしてみると・・・
ノン・シャンパンの中でとくにお気に入りになった銘柄。
1.グリーンポイント (オーストラリア) ブリュットが¥2000程度、ロゼでも¥2200-2500くらい。あのモエ・エ・シャンドンがオーストラリアで作っているスパークリングで、高品質。
2.フレシネ・コルドン・ネグロ (スペイン) シャンパンと同じ製法で作られているカヴァで、辛口なのでどんな料理とも合わせやすい(和食も)。¥1300-1400くらいと安価で、スーパーやコンビニでも手軽に買えるし、ちょっと飲みたいときは、ハーフボトルが便利。
Cava3_1
シャンパンでは、テタンジェ、ポメリーが好みだということが判明しました。
みなさんは、クリスマスや年末年始、どんな泡モノを飲まれましたか?

|

« 焼鯖の棒寿司 | Main | 2007年初リモージュ »

ワイン」カテゴリの記事

Comments

こんにちは~

昨年末で世界のスパークリングワイン講座が
最終回を迎えていたのですね~
50種類もの泡ものを試飲されて(美味しいメニュー付き♪)
とっても有意義な講座だったことでしょうねっ。
グリーンポイント、ラベルも美しくて女性らしいし
お集まりの場に持参したら喜ばれそうです~♪
シャンパンは特別の日に、スパークリングワインは
普段のちょっとした時にっていう使いわけで
私も気軽に泡ものを楽しんでみたいと思います☆

Posted by: あんも | January 07, 2007 18:09

>あんもさん
こんにちは♪
飲むも飲んだり(笑)50種類!!
ワインの奥深さを改めて認識しました。
グリーンポイントのロゼはイチオシです。
ほんのりピンクのロゼ色と泡は
女性には特に喜ばれると思います。

Posted by: Hiro | January 08, 2007 10:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 焼鯖の棒寿司 | Main | 2007年初リモージュ »