« April 2007 | Main | June 2007 »

赤ワインの樽

本館ヨーロッパ旅エッセイに、リモージュコレクション・赤ワインの樽をUPしました。大好きなボルドーです(笑)
Taru1

| | Comments (0)

ドイツのおみやげ ロープワークの壁掛け

ブレーメンはドイツ第2の港町で、海洋関係のスポットもいくつかありました。
これはいろいろなロープの結び方の壁掛け。ミニチュア感覚で、カワイイと思ってしまいました。

ロープワークについて
***19世紀半ばまでの帆船時代、船乗りたちは長い航海の合間に、生活の知恵としていろいろなロープの結び方やとめかたを工夫してきました。あるものは実用的、また装飾的な作品として、数え切れないほどの変化をもっています。***

Bremenmiyage_1
Bremenmiyage2
Bremenmiyage3

| | Comments (4)

箱根の地ビール

泡の飲料好き?の原点は、なんと言ってもビール! ヨーロッパのビール、国内のプレミアムビール、そして地ビールも好きです。
箱根ビール蔵は時々足を運ぶ地ビールレストラン。箱根丹沢の水を使ったこだわりのビールと、小田原の海の幸や練り物料理が売りです(かまぼこの鈴廣が経営)。お気に入りは季節野菜のすり身揚げ。タラの芽、ふきのとう、芽きゃべつなどをすり身で包んで揚げたもので、ビールとの相性抜群。
ピルスナー、エールは年中飲めますが、3月から5月までの季節限定ビールは「春めきペールエール」。程よい苦味と甘味が大好きな味。色あいも好みです。
本場のドイツビールもいいけれど、やはり日本人の好みに合う地ビールはおいしいですね。
Hakone2007
Hakone200701_1

| | Comments (4)

ワイン講座 ヴィンテージシャンパン(2)

第二回は、シャンパンの中でも特に華やかで贅沢な、ロゼ・シャンパンです。嬉し~い!
2007champagne6

Continue reading "ワイン講座 ヴィンテージシャンパン(2)"

| | Comments (6)

ピンクの薔薇のアレンジ

久々にドライフラワーアレンジのUPです。薔薇にもいろいろな表情がありますね。
2007arrange1
2007arrange2
2007arrange3

| | Comments (0)

ドイツのスーパーで買ったもの

旅先でもスーパーマーケットへ行くのが、大~好きな私。特に海外ともなれば、興奮度も増します(笑)。
でも今回は体調があまりよくなかったので、リューネブルクの塩の博物館の隣りにある、大きなスーパーに行った一度だけ。かなり物足りなかったです。ドイツやオランダのスーパーは、広々として清潔感があり、お買い物がしやすいと感じます。
戦利品の一部・・・大好きなダルマイヤーコーヒー、ニンニク風味の塩、スープの素(ホワイトアスパラ、トマトスープ・ライス入り)。
ヨーロッパはワインもビールも安いので、(日本に)ワインを買って帰れないのが非常に残念です(←まだ言ってる!)。
Super
Lune_1
リューネブルクはかつて塩で栄えた、美しい町。後日ヨーロッパ旅エッセイのほうにUP予定です。

| | Comments (8)

リューベック・マジパン

今回の北ドイツ旅行で訪れたリューベックはハンザの女王と呼ばれる美しい都市ですが、リューベックマジパンというのも、品質が高くて有名なのだそうです。マルチパン(Marzipan)ともよばれる、砂糖とアーモンドを練ってあわせたお菓子。いろいろな形に作られ、色着けされています。
ドイツ各地で作られていますが、リューベックは現在のアーモンドベースのマジパンを作り上げたマジパンの世界発祥地だそうです。1982年にはリューベックマジパンと名乗ることができるのは、昔から変わらない原料の配合と丁寧な製法によってリューベックで作られたものだけとすることが、ドイツ国内で法令化されました。さすがマイスターの国です。
<シャンパンと名乗れるのは、フランス・シャンパーニュ地方で、伝統的な製法を用いて造られたものだけ・・同じですね(笑)>
ハンブルクのデパートのチョコレート売り場にも、いろとりどり、様々な形のマジパンが売られていました。普段スーパーでもお菓子コーナーはあまり立ち寄らない私ですが、ドイツのデパートのそれは広々としていて、見て歩くのは大好きです。カラフルなお菓子を量り売りするコーナーがあったり、空港には売っていないその土地のチョコレート、素敵な缶に入ったクッキー、見ているだけで楽しくなってきます。雑貨売り場にいるような錯覚に。。?
おみやげはフルーツを3個。あまり食べたくはないけれど(笑)、ミニチュアみたいでカワイイでしょ!?
Majipan
Majipan2
NIEDEREGGER マークはリューベックのシンボル ホルステン門かしら?
Lubeck1
リューベック ホルステン門 2007.5.2

| | Comments (4)

ホームページ7周年

2000年5月14日に、My Homepage ヨーロッパ旅エッセイをスタートさせました。早いものであれから7年、細々とではありますが運営を続けてきたおかげで、いろいろな経験ができ、またたくさんの方と交流を持つことができました。いつもお付き合いくださっている皆さん、ありがとうございます。
7年前はまだブログもミクシィもありませんし、個人が情報を発信することが今のようにポピュラーではありませんでした。デジカメもまだそれほど普及しておらず、画像は写真をスキャナで取り込んでUPしていました。HPをやっているというと、どこかマニアックな感じがする時代でした。
7年間運営・管理のうえで自分の能力のなさを思い知らされて、やめたいと思ったことも一度や二度ではありませんが、お友達から心のこもったメッセージをもらったり、BBSで和める画像を見せてもらったりすると、もうちょっと続けようかなと・・・(笑) とかく殺伐としたものにとらえられがちなネットの世界ですが、あたたかい交流がいちばんの宝物なのですよね。
ネット界はものすごいスピードで進歩しているので、1周遅れ?で付いて行くのも容易ではありませんが、マイペースで楽しみながら続けていけたらいいなと思っています。これからもよろしくお願いします。
Syakunage
北ドイツはシャクナゲがきれいでした。

| | Comments (10)

おみやげはロゼ・シャンパン

いつもヨーロッパへ行った時は、デパートやスーパーでワインを探すのを楽しみにしていたのですが、今回は航空機への液体持込が規制されているため、町で買ったワインを持ち帰ることができませんでした。物騒な世の中ですから仕方ないのですが、個人的には非常に残念です。
今回はパリ、シャルル・ド・ゴール空港経由だったので、帰りに免税店でOttoにワインを買ってもらいました。何しろすごいユーロ高なので、あまりメリットはないかもしれませんが、大好きなロゼシャンパン2本とボルドー赤を。これはローラン・ペリエ キュヴェ・ブリュット・ロゼ、素敵な缶に入っています。
ここ1-2年、ドイツに行ってもあまりビールを飲まなく(飲めなく?)なりました。せいぜいジョッキ半分くらいで十分なので、食前酒はゼクトをいただくことが多くなっています。ツェレのラーツケラーで、リースリングのゼクトを飲みましたが、爽やかでおいしかったです。
Lperrie

| | Comments (8)

ジャーマンつながり

乗り物に弱い私にとって、ヨーロッパ旅行最大のネックは長いフライト時間。成田からヨーロッパの主要都市までは、だいだい12時間くらいかかります。毎回酔い止め薬を飲んでいるので、空の上では下戸に変身し(笑)、もっぱらスパークリングウォーターです。(ホントデスヨ) 隣りの席の人が、ビールやワインをゴクゴク飲んでいるのを見ると羨ましくなるのですが、不思議と飲みたいとは思わないのです。ながーい12時間に耐えてこそ、ようやくたどり着ける大好きなヨーロッパ! 余計ありがたみが増します。もし高速ジェット機で2-3時間で行けるようになったら、かえってつまらないかも?  
ジャーマンアイリスのシーズンです。
Iris_1

| | Comments (0)

ぼちぼち復帰

北ドイツ(ハンブルクとエリカ街道)へ行ってきました。この時期のドイツにしては暖かく、連日雲ひとつない好天に恵まれ、ハンブルクを拠点に、ブレーメン、リューベック、リューネブルク、ツェレへ足を伸ばしました。どこも美しい街並みで、ドイツらしさ満点でした。ただ残念なのは、後半風邪をひいてしまって、ワインも少ししか?飲めず、ショッピングもほとんどできなかったこと。帰りのフライト12時間がとてもきつかったです。遊びに行って体調を崩していたのでは、しょうがないですね(苦笑) Ottoはリフレッシュできたと喜んでいますので、まあ良しとしましょう。Celle1

| | Comments (5)

« April 2007 | Main | June 2007 »