« ベランダ菜園 その後 | Main | ベランダ菜園 トマトの収穫 »

ワイン講座 ブルゴーニュ VS カリフォルニア

今回はシャルドネとピノ・ノワールの、ブルゴーニュ VS カリフォルニア対決です。これまで旧世界と新世界の飲み比べでは、フランス好き?(と信じていた)のはずが、ことごとくカリフォルニアを選んできました。さて今回はどうでしょう?
Nyumon1

ブルゴーニュ、カリフォルニアのワインについて、そしてシャルドネとピノ・ノワールの説明を受けた後、いつものようにブラインドテイスティングです。この日は疲れていて体調が悪く、いつもと違ってほんの少ししかワインが飲めませんでした。そのせいで、もしかしたら普段と味覚や好みが少し違ったかもしれません?
まずシャルドネ100%のワイン3種類。1は外観レモンイエロー、初め柑橘系、後に洋梨や花のような甘い香り。味は辛口で酸味やや強めに感じ、果実味が特徴?
2は最初酸っぱい香り、後にナッツのような香り。味はこくがあり、酸味強め? すっきりして飲みやすい。
3は外観が1と2よりもやや濃い目。最初から甘い、バナナのような?香りを感じ、後に熟成した香り。味はやさしい甘み、やや濃い味、酸は控え目に感じました。この日はこれが一番好みです!
Nyumon2
赤はピノ・ノワール100%の2種類。外観は1が赤紫で若さを感じるのに対して、2はややオレンジがかっており、熟成したワインかなと思わせます。香りは1が赤い果実、味は酸、果実味・・単体で飲むとこちらのほうが好きです。
2はやや焦げたような匂い? チーズ(ピエダングロワ)と合わせると、断然こちらのほうが合うし、美味しく感じられました。
Nyumon3
Nyumon4
白の1と2はカリフォルニア。3はピュルニィ・モンラッシェ! 今回は珍しく(笑)カリフォルニアよりもフランスを選びました。
赤は1がカリフォルニアで2がヴォーヌ・ロマネでした。
1.Justin Chardonnay2005 \4000 5つの中で唯一樽を感じるワイン。熟成した白カビチーズなどと相性◎
2.Au Bon Climat Chardonnay 2005 Sanford Benedict Vineyard \3800
3.Puligny-Montrachet Blanc 2004 \7500 複雑味、余韻の長さが魅力。バターを使ったムニエル、クリームソースなどと◎

赤 1.Au Bon Climat Pino Noir 2005  ¥3800 抜栓後、しばらく空気となじませると滑らかな味わいに変化する。
2.Vosne-Romanee 2004 ¥7500温度変化によって香りに複雑味が出る、肉料理全般、熟したチーズなどと◎

この日出していただいたブルゴーニュのウォッシュチーズ、ピエダングロワ。マイルドでクリーミーで、とてもおいしかったので、早速成城石井で買ってきました↓。ワインとチーズの相性、基本はその土地のワインとチーズなんですね!
Washcheese
次回のテーマはアメリカ<ナパ、ソノマ、オレゴン、ワシントン>。またまた楽しみです!

|

« ベランダ菜園 その後 | Main | ベランダ菜園 トマトの収穫 »

ワイン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベランダ菜園 その後 | Main | ベランダ菜園 トマトの収穫 »