« ワイン講座 シャンパンメゾンの個性を探る(2) | Main | FRAGILE »

酒蔵紀行 山形

酒蔵紀行 三杯目という日本酒と郷土料理の食玩です。これは山形の出羽桜と、イモ煮。
Ottoが買ってきてしまいました(笑)
最近、日本酒人気ってどうなんでしょう? 
Ottoは酒なら何でもOKの、ただのノンベエですが、私は普段日本酒を飲むことは、まずありません。<料理には欠かせませんが! > ワインとビールで精一杯(笑)。
地ビール、ワインのシリーズが出たら、買うのになぁ。。
Sakagura1
Sakagura0

|

« ワイン講座 シャンパンメゾンの個性を探る(2) | Main | FRAGILE »

Comments

出羽桜と芋煮とは面白い組み合わせですね。
さしずめこちらでは芋煮会セットというところでしょうか?
こちらでは秋になると川原などで芋煮会をするんですけど,
私の職場の先輩(男)は芋煮を作りながら,一杯ひっかけてました。
芋煮にお酒を使うからといって一升瓶を持ち込んでました(笑)
芋煮ができあがると何故か酒宴になってましたよ(笑)
それを思い出してしまいました(笑)

Posted by: み~ちゃん | August 13, 2007 at 00:54

>み~ちゃんのところでも
芋煮会ってあるんですね!
山形だけかと思ってました。
TVでしか見たことないけれど
みんなでワイワイ、大きな鍋で煮て
楽しそう~♪
酒飲みはなにかと理由をつけては
飲みますからね(笑)

Posted by: Hiro | August 13, 2007 at 08:32

Hiroさん、こんばんは。
『酒蔵紀行』、『酒蔵紀行 二杯目』は、箱買いして揃えたのですが、
三杯目はどうしようか迷っていたところです。
こんな素敵な写真を見ると、欲しくなってしまいます。
私も日本酒は飲みませんが、やっぱり料理によく使います。
ビールや、ワインのシリーズが出るといいですねえ。(^^♪

Posted by: sugi | August 14, 2007 at 00:29

>sugiさん
いらっしゃいませ♪
3杯目は、以前のものよりお料理の出来が
よくなったように感じます。
渋いことには変わりないですけどね~(笑)
もうひとつが奈良の「春鹿」だったのですが、料理が鶏の炭火焼・・こげ茶色で地味なこと
この上ないって感じで・・(笑)
酒瓶もお料理も、sugiさんお手製の小料理屋さんに並べたら、しっくりくるでしょうね。

Posted by: Hiro | August 14, 2007 at 06:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ワイン講座 シャンパンメゾンの個性を探る(2) | Main | FRAGILE »