« December 2007 | Main | February 2008 »

愛媛みやげ「びり鯛」

Ottoは研究会などで国内出張をすることも多いのですが、そういうときは必ずおみやげを強要リクエストします。根っからの辛党の妻は、銘菓には目もくれず、ひたすら酒のつまみ系! 今回は松山ということで、「びり鯛」(かまぼこ)にしました。
びり鯛とは、八幡浜の方言で、ピチピチ跳ねる魚のことだそうです。初めて食べたとき、ぷりぷりの歯ごたえに驚き、大好きになってしまいました。関東のかまぼこは原料がグチ中心でしっとりしていますが、びり鯛は<エソ>。魚が違うとこれほど味わいが違うものかと驚かされました。新居浜、宇和島のかまぼこも有名ですね! もちろん、じゃこ天も大好き。
削りかまぼこ。これも関東人には珍しいですよね? そのまま食べたり、お吸い物に入れたりなかなかおいしいです。
次回は金沢。おみやげは、おでん、蟹、ぶりの寿司・・?
Biridai

| | Comments (5)
|

チーズ教室(2)

チーズ教室<初回>2回目は、世界のAOCチーズとチーズ事情についてのお話を聞きました。
・フランスにはワインと同じくAOC(原産地呼称統制法)があって、厳密に保護・規制されている。
・EU諸国ではPDO(原産地名称保護制度)が導入され、EUに入っていないスイスは独自にAOC制度を持っている。
試食はフレッシュ、白カビを中心に7種類。
カマンベールチーズの原料が殺菌乳のもとと無殺菌乳のものとを比較試食。無殺菌のものの方が香り・味ともに複雑でおいしく感じられました。
乳には無数の微生物が含まれていて、それがより複雑な味わいを出すのに一役買っており、乳を殺菌するかしないかによって、チーズの味わいが大きく変わるそうです。知らなかった~!
Cheese21

Continue reading "チーズ教室(2)"

| | Comments (3)
|

チーズ&ワイン頒布会

頒布会って・・好きなんです。自分では買ったことのない商品が届いて、新しいおいしさを発見するのが楽しい!
今は「国産ナチュラルチーズ&オーガニックワイン倶楽部」(らでぃっしゅぼーや)で、月1回国産チーズ2品とそれに合うオーガニックワインを届けてもらっています。
今月は牧家さんのカチョカヴァッロとモッツァレラ。そしてラングドックの辛口白ワイン(ピクプール・ピネ)。
頒布会のチーズについては以前にも紹介したことがありました。 (1) (2)
牛乳嫌いの私、昔は青カビどころか、白カビチーズも周りが食べられず、中身だけすくって食べていました(笑)。ナチュラルチーズが大好きになったのは、この頒布会で国産チーズのまろやかな美味しさに出会ったのがきっかけかもしれません。外国のチーズにはない、日本人好みのやさしい味わいが魅力です。これからももっと国産のおいしいチーズが増えて欲しいな~。<*カチョカヴァッロは成城石井でも買えます。>
Hanpukai

| | Comments (0)
|

飲まず嫌いだった?スペインワイン

昨年から引き続き受講しているワイン講座、新年1回目はイタリア&スペイン編でした。イタリアワインは大好きで特に去年はスプマンテやトスカーナのものをよく飲みましたが、スペインワインは・・カヴァくらいで、あまりなじみがありません。以前スペイン居酒屋で飲んだワインが好みではなかったせいで、あまりいいイメージを持っていませんでした。(フランス、イタリア、新世界・・・で忙しくて、スペインまで手がまわらないと言ったほうが正解かも。)
ところが・・・今回出していただいたティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ)、とても美味しかったです。
濃い紫がかった外観に、ドライプルーンのような凝縮したフルーツの香り、味は甘みをほんのり感じ、凝縮感あふれる! GAGOというワインでしたが、単独で飲むとこれがいちばん好みかなと思いました。
お料理(地鶏とカブのテリーヌ)といっしょに飲むには、もう少し辛口のワインのほうが合うみたいです。
Ottoは仕事で何度もスペインとポルトガルに行っていて、料理が美味しいので(食いしん坊には)オススメとよく言っています。そのうち訪れるチャンスが来るといいな。
Spainwine3_2

| | Comments (5)
|

チーズ教室(1)

ヨーロッパに行くたびに本場のチーズのおいしさに感動して、段々興味がわいてきました。ワイン同様、私にとって欠かせないものなので、もう少し詳しくなりたいな~と思っていたところ、昨年参加したモンドールチーズを愉しむ会の教室に縁があって、今年から初級クラスに通うことになりました。
チーズに関する基本的なお話を聞いて、試食。初回ということもあって、マイルドなチーズばかりでしたが、どれもおいしくいただきました。特にブルサン・アイユ(にんにく味)、ワインがハイスピードで進む好みの味です。
プロセスチーズは溶けないということと、今まであまり気にしていなかった脂肪分がかなり多いのが驚きでした。食べ過ぎには要注意!
去年はウォッシュチーズに凝っていたけれど、最近はコンテと12ヶ月熟成ゴーダがお気に入り。ミルクの凝縮された美味しさがたまりません。皆さんはどんなチーズがお好きですか?

*試食チーズ*<1.17追記>
 ・ブルサン・アイユ(フレッシュタイプ) フレッシュチーズにハーブ、ニンニクを入れている。
 ・サンタンドレ(白カビタイプ) 脂肪分高めのトリプルクリーム。ふわふわした白カビも特徴。
 ・ポン・レヴェック(ウォッシュタイプ) くせが強いウォッシュの中ではマイルド。塩水で繰り返し洗って熟成。
 ・キャステロ・ブルー(青カビタイプ) デンマーク 青カビ控えめで食べやすい。
 ・ゴーダ(セミハード) オランダ、なじみやすい味。
 ・ベルキューブ ア・ラ・プロヴァンス オリーブやトマト味、気軽なおつまみにぴったり。
Cheesekyositu1

| | Comments (14)
|

ワインノート

Winenote
2007年の1月末に、ある人の真似をして、飲んだワインを記録しておこうと思い立ちました。後であの時飲んだワインをもう一度飲みたい!と思ったときに役に立つかも?と思ったので。自宅、ワイン教室、レストラン、ワインショップでの試飲、旅先で飲んだものなどなど・・・ 
ワイン名、ブドウ品種、価格、簡単な感想などをメモしてきました。もちろん、書き忘れも多々あると思いますが、ざっと数えてみたら2007.1月末~12月まで200種類余りでした! 
特に印象深いのは、シャンパン講座で出していただいた、憧れのプレステージシャンパンの数々。泡モノに関してはかなり口が肥えた贅沢な1年でしたね。Ottoとの味覚格差(?)はますます大きくなるばかりです。
赤・泡ではイタリアワインの魅力にはまりました。アンティノリのティニャネロ、また飲みたいな~。
メモはおいしかったワインだけでなく、×ワインもいくつかありますが、ほとんどがスーパーで買ったデイリーワイン。
レストランや家では泡→赤というパターンがほとんどなので、白を飲むチャンスがあまりありませんが、今年は白ワインもお気に入りを見つけたいと思っています。
<ニュージーランドのソーヴィニョン・ブランは好きですよ♪>

| | Comments (8)
|

Happy New Year!

数あるリモージュコレクションの中でも、My Best5に入るお気に入りボックスです。
2年前にホームページで紹介したことがありますが、今回は大きめ画像でご覧ください。
Newyear1_2

Continue reading "Happy New Year!"

| | Comments (8)
|

2008年始動

2008年はブログCATNIP Collection4年目に入りますが、今年も趣味を通じて、みなさんと楽しくおしゃべりしたり、情報交換できたらいいな~と思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
我が家のベランダから見た富士山です(ちっちゃ~いけど(笑) 2008.1.3)。よく晴れた冬の朝に見られるのですが、清清しい気分になりますね。
Fuji2008_2
Prelude_32008年の初ワインは、テタンジェ・プレリュード・グラン・クリュ。素晴らしい一年のプレリュード(前奏曲)になるように・・との願いを込めて。

| | Comments (8)
|

« December 2007 | Main | February 2008 »