« チーズ&ワイン頒布会 | Main | 愛媛みやげ「びり鯛」 »

チーズ教室(2)

チーズ教室<初回>2回目は、世界のAOCチーズとチーズ事情についてのお話を聞きました。
・フランスにはワインと同じくAOC(原産地呼称統制法)があって、厳密に保護・規制されている。
・EU諸国ではPDO(原産地名称保護制度)が導入され、EUに入っていないスイスは独自にAOC制度を持っている。
試食はフレッシュ、白カビを中心に7種類。
カマンベールチーズの原料が殺菌乳のもとと無殺菌乳のものとを比較試食。無殺菌のものの方が香り・味ともに複雑でおいしく感じられました。
乳には無数の微生物が含まれていて、それがより複雑な味わいを出すのに一役買っており、乳を殺菌するかしないかによって、チーズの味わいが大きく変わるそうです。知らなかった~!
Cheese21

試食チーズ
☆フレッシュタイプ☆
・フロマージュ・ブラン 見た目も味もまるでヨーグルト。果物やジャムを添えたり、ハーブやニンニクの刻んだものをディップにしても○。
・ブリヤ・サヴァラン 見た目は水分の抜けた豆腐のよう。爽やかな酸味となめらかな口当たりで、別名「甘くないチーズケーキ」
・サンマルスラン 今回は同じ製法で作られている北海道「共働学舎」のプチ・プレジール 

☆白カビタイプ☆
・パヴィ・ダフィノア パヴェとは石畳のこと、やわらかい組織の白カビ
・カマンベール(殺菌乳を使ったもの) おだやかな風味
・カマンベール・ド・ノルマンディ  AOC 無殺菌乳を使用。殺菌乳で作ったものより風味が強い。
・ブリ・ド・モー AOC 無殺菌乳を使用。かなり熟成が進んでいて、匂いも強め。赤ワインが進む味でした♪
Cheese22 カマンベール 左:殺菌乳使用 右:無殺菌乳使用
Cheese23 カマンベールとリンゴのサラダ。このようなアレンジにはシンプルな殺菌乳タイプを。

|
|

« チーズ&ワイン頒布会 | Main | 愛媛みやげ「びり鯛」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

チーズ」カテゴリの記事

Comments

Hiroさん、しばらくでした!
チーズとワインのお勉強、熱心に進められていますね。
こんなに色々あるなんて!随分奥が深そうですね。
私は一時モッツァレラにハマッていましたが、今はテキトーです。
カマンベールとリンゴのサラダ、アッサリと無美味しそうで、このアイディア頂き~!

ところで、このブログには、いつの間にかニャンコが住みつきましたね。
今、しっかり遊んで貰いましたニャン。ルンルン

こちら、先週末の全国行事で草臥れてしまい、一週間絶不調でした。
積雪が一日ずれていたら大混乱したかも…?
いつもは遅刻して来る学生達が、30分以上も早く来て、雪だるまに興じていました。笑

Posted by: ミューママ | January 27, 2008 at 12:57

乳を殺菌するか、しないかで味が変わる・・・。
なるほど~!
チーズも奥深い食べ物かもしれませんね~。

あ!
ほんとだ~。
にゃんこがいる!
Hiroさん、名前付けましたかぁ??(^-^)

Posted by: ごろ | January 27, 2008 at 20:37

>ミューママさん
こんにちは!寒~~い毎日が続いていますね。
先週末の全国行事・・アレですよね?
お疲れ様でした~!
今年Ottoは後のほうに割り当てられたようです。
雪、こっちも先週降りましたが、
大したことはなかったので、翌日の凍結もなく
ほっとひと安心です。
ふふふ、子猫ちゃん、カワイイでしょ!?
名前付けなきゃね(笑)

>ごろさん
国産のカマンベールは殺菌されたものが
多いようですが、フランス産の無殺菌のものも
輸入されているようですヨ。
チーズもほんとにいろいろありますね。
子猫ちゃん、ミントくんと似た模様ですね!?
男の子かニャ?
チビ太郎にしようかな(←思いつき(笑)


Posted by: Hiro | January 28, 2008 at 09:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« チーズ&ワイン頒布会 | Main | 愛媛みやげ「びり鯛」 »