« ポルトガルのおみやげ | Main | 6月のシャンパン講座 »

ドイツのおみやげ

皆さん、こんにちは。ちょっと間が空いてしまいました。いろいろ忙しかったり、体調があまりよくなかったりで、コメントへのお返事が精一杯で、UPする気力がありませんでした
ポルトガルに続く、ドイツ出張のおみやげ(・・と言っても画像だけですが)、時間が経ってしまいましたが、せっかく撮ってきてくれたので、UPしますね。
HPのほうでも書いていますが、Ottoはとにかくドイツが大好きで、出張、プライベート合わせて15回以上は行っています。広々として街並みが美しく、治安が良いことや、ビール、鉄道。。が好きな理由だとか。
今回はポルトガルを後にして、ドイツのライプツィヒへ。もちろん、ビールは楽しんできました。PAULANERはミュンヘンのビール。左からピルスナー、ヴァイツェン、スタウト。
Lei1

Lei2 シュバイネ・ハクセ。骨付き豚肉のグリル。
Lei3 ザウアーブラーテン。赤ワインビネガーに漬け込んだ牛肉を焼いた料理。
Lei4 これはライプツィヒ駅? いかにもドイツの駅らしい雰囲気です。 ライプツィヒはバッハゆかりの地で、ゲヴァントハウス管弦楽団でも有名ですね。学会の余興?で、ゲヴァントハウスでのコンサートもあったそうです。羨ましい クラシックが苦手なOttoにとっては、猫に小判ですが・・・
Lei5 Otto氏、しっかりDBのバーンカードを更新してきました。バーンカードとはドイツ国鉄の運賃が割引になる、IDカードです 次はいつ行けるのかな?

|

« ポルトガルのおみやげ | Main | 6月のシャンパン講座 »

ヨーロッパ」カテゴリの記事

Comments

私も先週ドイツ料理を食べたばっかりだったので、
本場のものと見比べることができて嬉しいです
私が先日飲んだビールはこの写真と同じブランドのラガーでした。
もしかして、この豚肉がポークナックルですか?
やはり迫力満点ですね
またじゃがいもとザワークラウトがなんとも美味しそうです

Posted by: tomiにゃん | June 04, 2008 16:29

ドイツへも行かれたんですね~!!
いいなあいいなあ
今回はひろさんは同行しなかったのかな?
私もドイツ、行ってみたいです。
気候もいいですよね!
妹が夏休みに行こうと計画しています。
スーツケースに隠れていこうかしら笑

Posted by: こゆき | June 04, 2008 21:09

こんばんは~

ライプチヒ駅、懐かしいです。
ヨーロッパの中でも一、二を争うほどの大きな駅ですよね!

ザウアーブラーテン。
あっ!どこかで聞いたような見たようなと思ったら食べていました。。。^^)
じゃがいものダンプティも。。。

Hiroさん、こんどはライプチヒに行けそうですね。

Posted by: kokumi | June 04, 2008 23:19

>tomiにゃん さん
ポークナックルということばは、tomiにゃん さんのところで初めて聞いたんです。
豪快でドイツらしくて、シュバイネハクセとよく似ていますね~
シュバイネ・・は必ずソースがかかっているので、その差かな?
南ドイツらしい付け合せのクネーデル(芋団子)、もちっとした食感がクセになる美味しさで ソースとからめて食べます。私はパンよりもこちらのほうが好き♪

>こゆきちゃん
今年は同伴するような出張はなさそう
イギリスとかフランスなら、無理しても行って
しまうんだけどね
妹さんが夏に!?ベストシーズンね。
ビール好きのこゆきちゃんにもドイツはオススメですよ~ どこも街並みがとてもきれいだし、とくに南部はバイエルンアルプスやお城・・・景色が最高

>kokumiさん
こんばんは~
kokumiさんはライプツィヒも行かれたんですよね。今回、Ottoは休日にICEで懐かしのドレスデンにも行ったそうですが、8年前とはかなり町が変わっていたそうです。フラウエン教会は再建され、駅もきれいになって。。
↑ヨーロッパらしい駅の写真見ると、旅心がくすぐられます。世界の車窓から・・のメロディが流れてくるようで 

Posted by: Hiro | June 05, 2008 19:17

Otto氏、シブシブと言いながら、しっかり画像がありますね。美味しさがよ~く伝わってきますニャン。

ソースをからめたカルトッフェル・クネーデル、お肉料理との相性抜群なのよね。私も大~好き

そして、小さめのグラスで3種類ってのもいいですね。Hiroさんはピルスナー派でしたね。私はヴァイツェンがいいなぁ。

そして、あのゲヴァントハウス管弦楽団が余興ですってぇ私なんか、ネットで買えなくて、当日キャンセル切符も買えなくて、スゴスゴ帰ってきたのに

ラプツィヒはバッハだけでなく、シューマン夫妻やメンデルスゾーンにも縁の街だから、音楽関係者にとっては聖地なのよね。9月にまた行きますニャ。

Posted by: ミューママ | June 05, 2008 23:52

>ミューママさん
今日は暑くてが一層おいしい宵になりそうですね。
>小さめのグラスで3種類ってのもいいですね
小さく見えますか!?500mlの普通サイズなんですよ。いっしょに行った先生たちの分と一緒に撮ったんだと思いますニャ。
ミューママさんはOttoとビールの好みが似てまよすね 
ゲヴァントハウス、クラシックに興味のない人にはホントもったいないです~
たぶん居眠りしていたんだろうし
9月はゆっくりできるのかしら? 音楽の旅、楽しめるといいですね 

Posted by: Hiro | June 06, 2008 16:35

Hiroさん体調はどうですか~
むりしないでくださいね~
ビールおいしそうですね~

ドイツは、2007のお正月頃
毒物騒ぎで、あまり、観光までできませんでした。
又紹介してください・・・

Posted by: LOVEピ・ヨンジュン | June 17, 2008 13:46

>LOVEピ・ヨンジュン さん
コメントありがとうございます。
梅雨の時期は体調を崩しやすいので
LOVEピ・ヨンジュン さんも気をつけてくださいね。
ドイツは初夏~初秋くらいまでがとくにいいと思いますよ~
ぜひリベンジしてくださいね。


Posted by: Hiro | June 18, 2008 08:12

http://jp.youtube.com/watch?v=W5jIhklb61Y
ニャンコ食堂なるものが、ありました・・・

Posted by: LOVEピ・ヨンジュン | June 20, 2008 17:59

>LOVEピ・ヨンジュン さん
見てきました~
ニャンコの和風?ドールハウスって感じで、
とってもカワイイし和みますね。
どうもありがとう

Posted by: Hiro | June 21, 2008 13:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ポルトガルのおみやげ | Main | 6月のシャンパン講座 »