« ドイツのおみやげ | Main | ミニミニリモージュ(2) »

6月のシャンパン講座

今回はシャンパンメゾンの業態、NMとかRMはよく耳にしますが、それ以外のCM,MA,RC,SRなどのメゾンのものを飲み比べしました。RMは以前講座で出していただいたエグリ・ウーリエのブラン・ド・ノワールを1本家でストックしています。
さて5種類は見た目も香りも味わいも様々。甘み・酸味・果実味のバランスのよい飲みやすいもの、フレッシュな酸で若々しい印象のもの、熟成が進んだもの。。。もちろんそれぞれにおいしいのですが、この日は比較的ドライでフレッシュなギイ・シャルルマーニュ(ブラン・ド・ブラン)と、果実味豊かで飲みやすい(・・と感じた)アルローが特に気に入りました。
お楽しみ、シェフのお料理は、ウサギ肉のテリーヌ、ブラックソルト(胡麻ではありません)かけ。前菜なのであまり熟成が進んでいない飲みやすいタイプと相性がよかったです。
最近、お酒の記事ばかりで、Bacchus Collectionに改名する日も近い・・・(というのは冗談です) 私のブログを見てくださっている方は、ワイン好きよりも猫好きさんが多いと思いますが、呆れないでお付き合いくださいね
Champagne06

|

« ドイツのおみやげ | Main | ミニミニリモージュ(2) »

Comments

シャンパン講座、色々な種類が楽しめて、
またその中から自分の好みのものを見つけ出す・・・
というのは本当に楽しそうです
常夏という気候のせいか、キリリと冷えたシャンパンに
恋焦がれる日々が続いている私ですが、
実際にはあまり色々なシャンパンを飲んでみたことがないので、
Hiroさんのブログがとても参考になります

Posted by: tomiにゃん | June 09, 2008 15:42

>tomiにゃん さん
こちらもだんだん暑くなってきて、も含めて、ますますシュワシュワー~がおいしく感じられます。
家ではなかなかシャンパン・・というわけにはいきませんが、その分講座では贅沢させてもらってます。シャンパンとひとことで言っても、実に様々なタイプがあるので、常夏の地なら、酸がキリっとしたドライなタイプが合いそうな気がしますね
tomiにゃん さんのシャンパン選びの参考になれば嬉しいニャン

Posted by: Hiro | June 10, 2008 16:11

自分の好みの物を知るには、こうした講座はいいですよね~。
私も受けてみたいけど、出不精だしな・・・。
Hiroさんの講座レポで楽しませてもらってま~す♪
ウサギ肉ってどんな感じなんでしょ??

Posted by: ごろ | June 11, 2008 21:37

>ごろさん
自分の好みというのもあるんですが、その日の体調や気分、気候なんかによっても、一番美味しいと感じるタイプが違うみたいです
猫ちゃんと暮らしていると、なかなか出かけるのも大変ですよね。
ウサギ肉は淡白な感じで、鶏のササミみたいでした。珍しいですよね

Posted by: Hiro | June 12, 2008 19:34

猫好きだけど、お酒も大好きよん(笑)
Hiroさんは、ご自宅でシャンパン(泡物)を開けると一日で飲みきれるの?
夏は泡物でシュワ~~といくと、爽快感がたまりませんね。
それにグラスに注いだ時の はじけるパチパチも見ていても心地よいしね。

Posted by: なべさな | June 13, 2008 08:59

>なべさなさん
ほんとはもっとニャンコネタをUPしたいんだけど、猫と暮らしていないしね~どうしてもお酒が多くなってしまうの
>シャンパン(泡物)を開けると一日で飲みきれるの?
ふふふ、大丈夫ですよ~ん ただOttoはシャンパンよりもビールのほうが好きなので、ハーフボトルのときもあります。

Posted by: Hiro | June 13, 2008 09:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ドイツのおみやげ | Main | ミニミニリモージュ(2) »