« September 2008 | Main | November 2008 »

ワイン打ち上げパーティー

今年の初めから受験準備をしてきた、日本ソムリエ協会認定・ワインエキスパート資格試験。スクールの認定準備クラスに通って勉強してきましたが、8月の1次試験、9月の2次試験を経て、今月上旬待ちに待った合格通知を受け取ることができましたhappy01
ワイン歴は10年ほど、2年前からワイン講座に通っていたとは言え、エキスパート試験対策はまた別の次元で、幅広く、細かい事項を覚えなければならず、記憶力が落ちているわが身には、決して楽な受験生活ではありませんでしたが、これまでのノンベエ人生の集大成のつもりで頑張りましたsign03
先週スクールの打ち上げパーティーが、都内のホテルで開かれたので、出席してきました。
ワインはひとり1本持込み、私はヴーヴクリコ ロゼ2002にしました。やっぱりお祝いには、華やかなロゼシャンパンが似合いますね。
約9ヶ月に渡る受験生活でしたが、こんな晴れやかなパーティーに出席することができて、あらためて合格の喜びをみなさんと一緒にかみしめるひと時でした。
これからはじっくり好きなワインを探したり、ひとつは得意分野を持ちたいと思っています。あとはもう少しチーズのことも知りたいし~。ワインは世界共通語! 海外のワイナリーを訪ねる旅もいいですね。
Party2008

| | Comments (13)

山梨ワイナリー巡り

爽やかな秋晴れに恵まれた週末、山梨のワイナリー巡りをしてきました。<白ワイン用ブドウのシャルドネ サッポロワイナリーにて>
Yamanasi200801

Continue reading "山梨ワイナリー巡り"

| | Comments (6)

オーバルのリース

実りの秋、収穫の秋をイメージさせる、オーバルのリース(ドライフラワー)です。
お花が大好きで、これまで華道(池坊)、英国風フラワーアレンジメント・・といろいろ習ってきましたが、細かい手仕事が苦手ゆえ、どれもものにならず。。coldsweats01 
生活を彩ることには、役に立っているかもしれませんが。
今は年に数回くらい、個人の先生のお宅に、ドライフラワーアレンジメントを教えてもらいに行っています。お花を習うというより、みなさんとのおしゃべりや情報交換のほうがメインかな。
ワイヤーを使った細かい作業は苦手ですが、この作品はグルーガン(ホットボンド)が中心だったので、わりと楽でした。生の花のアレンジメントとは違って、ドライの場合、作業は工作のように地味(ボンドでくっつける)ですが、出来上がってみるとドライならではの風合いや味があって素敵heart01 お花ってやっぱりいいな~と思います。
Oval2008

| | Comments (9)

フェーヴ

オイルサーディン、コンビーフ、ミルク、ジャム、オリーブオイル、石鹸など。。。ぷちサンプルを思わせる小ささ、可愛さですが、こちらは陶器でできている、フェーヴというものです。
ひとつひとつの小さなパッケージが、フランスっぽくてカワイイでしょう!?
6-7年前に、コレクターの方に教えていただいて、買ったものですが、1個単位ではなくセットでした。Fevesはフランス語でそら豆のこと。フランスではフェーヴを1つ入れて、ガレット・デ・ロワというケーキを焼くそうです。切り分けたときにフェーヴが入っていた人は、1年幸福に過ごせると言われていますclover
Feve1
専門ショップもあるので、コレクションしているファンもいるのでしょうね。いろんなものがモチーフになっています。

Continue reading "フェーヴ"

| | Comments (5)

茶トラ猫のトリンケットボックス

最近、茶トラ猫のグッズによく目が行ってしまいます。このボックスを見たとき、こんな美猫ちゃんではありませんでしたがcoldsweats01、白い部分がまったくない茶トラ模様、長~い尻尾、柔らかな面立ち・・去年まで実家に15年いたチーに似ているsign01と思いました。
チーは人間が大好きで人懐っこく、とてもやさしい猫でした。このボックスを見るたび、チーのぬくもりを思い出しますcat  Lesley Anne 直径9cm 
Tyatora
チーのこと

| | Comments (9)

ご飯の友は

10月に入り、すっかり秋らしくなってきましたね。収穫の季節。。。おいしいものがいっぱい、あれも食べたいこれも食べたいで・・ホント困ってしまいますpig
皆さん、新米はもう召し上がりましたか? うちでは先日、千葉の親戚が作った新米を送ってもらって食べました。つやつや、もっちりでとてもおいしかったです。私はご飯党ではなく、麺食いnoodleなので、海外へ行っても銀シャリが恋しくなることはめったにないのですが、普段朝食は断然パンよりご飯です。
前に東海林さだおさんのまるかじりシリーズ(エッセイ)★を読んだとき、ごはんだけはいくらでもあるけれど、おかずはただ1品しか許されなかったら、何を選ぶか?というテーマがあって、う~んと考えたことがありました。明太子もとろろもいいけど、ひとつだけと言われたら焼き鮭(皮付き・辛口)かな?という結論に達したのですが、皆さんなら何を選びますかsign02 ちなみに東海林さんは、生卵だそうですsign01
★キャベツの丸かじり 「おかずは鮭か納豆か」 文春文庫
Wasyoku1_2
リーメント「和食三昧・焼鮭定食」

| | Comments (4)

« September 2008 | Main | November 2008 »