« 今年はミニトマト | Main | 赤ワイン »

5月のビール・メイボック

もうすぐ5月も終わってしまいますが、ドイツで5月の春祭りの時期に飲まれるメイボックを飲みました。
北ドイツ・ザクセン州の小さな町アインベックの季節限定特産品が、この「メイボック(マイボック)」です。
「マイ」とはドイツ語で5月の意味。
ボックは濃い色の強いビールを言いますが、風の谷のビールのものは色もやや明るめで飲みやすい味になっています。
グラスはJupiler ベルギーのポピュラーなピルスナーのものです。
2006年の5月にミュンヘンの「春祭り」に行きました。オクトーバーフェストの会場で行われるビール祭?で、賑やかでとても楽しかったことを思い出します
Maiboch
Harumaturi2
Harumaturi3

|

« 今年はミニトマト | Main | 赤ワイン »

ビール」カテゴリの記事

Comments

Maiもあと僅かでJuniですね。
美味しい話題満載で、Hiroさん只今絶好調?

早速、風の谷のHPをチェックしましたニャン。
マイボックは通販してないようなので、とりあえず、ピルスナー他3種セットを注文してみます。
PIVO研究会も気になるニャー。

フリューリングフェスト、旬のシュパーゲルも一緒で最高でしたね。
また行きたいでしょ?
オクトーバーフェストは恐ろしく混んでいたから、春が正解かもね。
夏休みのマイル消化旅行、どちらになるのかしら?
また旅行記待ってますね(チト気が早い?)

Posted by: ミューママ | May 30, 2009 23:36

ミューママさん
スパム対策のため更新頻度を上げてみようかと試行錯誤しています
PIVO(ビール)はスロバキア旅行で覚えた唯一の単語です。風の谷、お気に召すといいですね。
ところでアサヒの新製品、葉加瀬さんと古澤さんがTVCMに出ているので、思わず買って
しまいました。
http://www.asahibeer.co.jp/the_master/cm.html

春祭りはオクトーバーほど有名ではないけれど、雰囲気は十分味わえるので、チャンスが
あったらまた行きたいな。
ミュンヘン大好き。食べ物もおいしいし、ミュージアムも多いし。。
マイルが少ないので、もし行くとしたらアジア、食い倒れ旅行になるでしょう

Posted by: Hiro | May 31, 2009 10:58

こんにちは。
風の谷のビール、瓶のデザインもいいですね
5月のビール、季節感が感じられて
毎年5月がやってくるのが楽しみになりそうです

私は久しぶりに昨日、グローシュを飲みました。
やっぱり美味しかったです

Posted by: tomiにゃん | June 01, 2009 19:48

tomiにゃんさん
こんにちは♪
ドイツには季節のビールもあって
さすがビール大国だなと思います。
最近は量は飲めないので、いろんな種類を
ちびちびと飲んでいます
>私は久しぶりに昨日、グローシュを飲みました
暑いところだと特においしく飲めそうですね

Posted by: Hiro | June 02, 2009 08:44

Ein Prosit,Ein Prosit,……ビール天国らしい歌だニャー。
葉加瀬さんと古澤さんのCM見たら買わなくっちゃねぇ。
でも、どうせなら、名前はマスターじゃなくてマイスターにして欲しかったわ。

風の谷ビール、早速、ダークラガー・プラハを飲みました。
コクがあって美味しかったニャー
やはり、この麦酒屋さんはチェコに関係あったのですね。
PIVO研究会、即、入ることにしました。
PivoとPivnice(ビアホール)私も一番に覚えましたニャ

Posted by: ミューママ | June 03, 2009 00:21

ミューママさん
そうですね~ネーミングは「マイスター」のほうがドイツらしくていいのに。。
肝心のお味のほうですが、Ottoは気に入ったようですが、妻はまあまあというところでした
風の谷は数年前から有機野菜のらでぃっしゅさんで時々注文して届けてもらっていますが、
ダークラガーはこくがあっておいしいですよね。一時期はまっていました!
あとは秋に出るメルツェンが好きです。
夏のヴァイツェンはあまり好みじゃないんですぅ
PIVOの研究結果?もまた教えてくださいね

Posted by: Hiro | June 03, 2009 08:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年はミニトマト | Main | 赤ワイン »