« 初モンドール | Main | おみやげあれこれ 道東の旅④ »

池田ワイン城 道東の旅③

三日目は、朝釧路駅前にある和商市場を覗いてから、特急列車でワインの町・池田町に向かいました。
認定対策のときに、池田町は「清見」という品種が開発された町と覚えました。
またワインスクールを主宰されている田辺由美さんのお父様が十勝ワインの考案者で、彼女もこの町の出身だそうです。
目的は池田ワイン城を訪ねること。正式名称は「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」といい、町が運営する醸造所とレストランです。
駅前には、ワインの町らしくこんなオブジェが。
広々としてきれいなロータリー、道路・・しかしだーれも人がいない、クルマもほとんど通っていない。
かなり不安になったのですが・・coldsweats02
Ikeda1

Ikeda2 駅からワイン城までは、10分くらいかかったでしょうか。すれ違ったのは家族連れ一組だけ。たぶん観光客でしょう。立派なお城は、遠くからでもよく見えました。
ちょうどお昼時だったので、レストランに行ってみたら、なんとここには人がいっぱいsign01 ワインを飲んでいる人は見かけず、ほとんどの人が木の器に盛られたランチを食べていました。
みんなクルマで来ているのですね。
Ikeda9_2 地元の食材を使ったランチは、680円と安いのに品数の多さにびっくり。ごはんと味噌汁、サラダ(セルフサービス)も付いています。
Ikeda3 屋上からの池田の町を望む眺め。
Ikeda4 ブドウ畑。
Ikeda5 時間があったので、ワイナリーツアーに参加しました。予約なしでもOKでした。
清見というのはここの地名で、樽で熟成されたワインはミディアムボディでこくがあり、豊かな酸が特徴で、長期熟成もできるそうです。
清見と山ブドウを掛け合わせたワインをテイスティングさせてもらいましたが、明るめのガーネット色、山ブドウのやや野性的なフルーツの香りが特徴的で、酸が豊か。肉じゃがとか醤油を使った煮物に合いそうだと思いました。
Ikeda6 寒い土地ならではのブドウ栽培は、苦労も多いとか。
Ikeda7
これが「清見」のブドウです。どんなワインになるのか、楽しみですね。
今回の旅、この日くらいから風邪で体調を崩してしまったため、ワインはあまり楽しむことができませんでした。
Ikeda8
城内限定「清見の丘」2002 お買い上げ。道内産ツバイゲルトレーベ種、池田町産清見種ほかを、フレンチオークで一年間熟成。たしか2200円くらいだったと思います。

|
|

« 初モンドール | Main | おみやげあれこれ 道東の旅④ »

ワイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

こんにちは~

道東の旅は、いいお天気で良かったですね。
美味しい食材はもちろんのこと、十勝ワイン。
Hiroさん、少し体調を崩されていたようでちょっと残念でしたね。^^;)
それにしても惜しい。

池田町のワイナリーいいところですね。
680円のランチがすご~いです。shine

Posted by: kokumi | October 13, 2009 at 16:30

capricornuskokumiさん
こんにちは♪
この日も雲ひとつないsunで気持ちの良い天候でした。
乗り物に弱いので、旅先ではあまりbeerwineを飲まないようにセーブ
しているのですが、このワイナリーツアーのあたりから熱っぽくなってきてしまいましたcoldsweats02
ランチは十勝牛のステーキやハンバーグも
おいしそうでした。

Posted by: Hiro | October 14, 2009 at 09:23

680円でそんなに豪華なランチが食べられるというのに驚きですhappy01

ワイナリーでは体調が思わしくなくワインを楽しめなかったということですが
前にHiroさんもおっしゃってた通り、
ワインが美味しく感じるかどうかで体調がわかりますよねcoldsweats01

ところでお土産に買われた城内限定ワイン、どのようなテイストなのでしょうか?
日本産のワインはほとんど飲んだことがないので、
どんなお味なのか気になります♪

Posted by: tomiにゃん | October 14, 2009 at 11:54

capricornustomiにゃんさん
680円ランチ、品数すごいでしょう!
でもお味については・・聞かないでねcoldsweats01
>城内限定ワイン、どのようなテイストなのでしょうか?
ツバイゲルトレーベはオーストリアの品種ですし、寒い北海道産ブドウの赤ワインですから
アルコールのボリューム感やタンニンは控えめで、豊かな酸が中心の味わいだと思います。
十勝牛のすき焼きとか合いそうかなdelicious

Posted by: Hiro | October 14, 2009 at 21:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 初モンドール | Main | おみやげあれこれ 道東の旅④ »