« December 2009 | Main | February 2010 »

パリの朝食<リモージュボックス>

Petiede1
さくさくのクロワッサンと、ミルクたっぷりのカフェオレは、パリのホテルでの朝食の思い出。
W5×7×H5.5㎝
2002年にパリのLa Vie en Roseで購入したものを、あらためて撮り直してみました。
大きめ画像でご覧ください。

Continue reading "パリの朝食<リモージュボックス>"

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

大人の必需品!?

突然ですが、皆さんは普段万年筆を使っていますか?
私は、大学生の頃までは好きでよく使っていた記憶があるのですが、社会に出てからは、書き味や見映えよりも実用性重視で、プライベートもボールペン一辺倒になっていました。
最近、大人の必需品・・・というイメージで、ちゃんとした万年筆が一本欲しいな~と思うようになってきました。
万年筆の魅力は、使えば使うほど手になじんで、書きやすくなること。
でもそれなりのモノは気軽に買える価格ではないし、必要に迫られることもないので、なかなかチャンスがありませんでしたconfident
先日、いただいたギフト券の取り扱い店舗一覧を見ていたら、大手書店チェーンの名前が!
そうだ、この機会に万年筆を買おうsign01
広い文房具売り場で、万年筆のコーナーを見つけるのは結構時間がかかりました。
いちばん奥の一角に、鍵のかかるショーケースがあり、店員さんに言って何種類か試し書きをさせてもらいます。細字、極細、中細、色も黒、青、ペン先も何種類かあるのですね。
久しぶり味わうペンの感覚は、やはりボールペンとはひと味もふた味も違って、心地良いheart01
売れ筋はだいたい一万円くらいで、あまり安いとボールペンと変わりませんよ・・とのこと。
優柔不断の私にしては珍しく、迷うことなく、P社の売れ筋の細字<黒>を購入しました。
字を書くのは子供の頃から大好きで、かつては筆まめだったけれど、最近はご多分にもれずメールばかりで、手紙を書く機会もほとんどなくなりました。せいぜいはがきくらい。
インクが固まってしまうまえに、使わないとね~happy01
Pen
玉村豊男さんのポストカードと。

| | Comments (4)
|

青リンゴと白ワイン

毎年この時期楽しみにしているグラニースミスが、今年も届きました!
前にも書いたことがありますが、このリンゴ、ヨーロッパでよく見かけるあの青リンゴです。
その名のとおり、スミスおばあちゃんがオーストラリアで育成した品種。
日本のスーパーでは見かけたことはないのですが、らでぃっしゅぼーやで毎年扱いがあります。
(生産者:長野県 アップルファームさみず)
フルーツの中ではリンゴが好きですが、特にこのグラニースミスは酸味が強く、歯ごたえがあり、爽やかな味わいでとても美味しいのです。
フルーツをいただくとき、いつも白ワインと似ているな~と思います。
白ワインの香りの表現に、フルーツを使うことが多いのですが、(たとえばグレープフルーツ、青リンゴ、黄リンゴ、白桃、黄桃・・・のように)、フルーツも白ワインも味の決め手は「酸味と甘みのバランス」ではないでしょうか。
両方とも甘みよりも酸のしっかりしたものが好みなので、白ワインはシャブリ(シャルドネ・辛口)とか、リースリングあたりが多くなりますね。最近は、樽を使っていないシャルドネがお気にいりです。
そうそう、2010年の初ワインは、ニュージーランド・マールボロのリースリングでした。
毎年初ワインは決まって赤でしたが、今年は珍しく白!
昨年、半年間スクールに通ってじっくりワインと向き合ったおかげで、それまであまり興味がなかった白にもようやくお気に入りが見つかって、ワインライフの幅がぐっと広がった気がします。
今は赤2に対して、白1くらいの割合かな?
(以前は赤5に対して白1くらいでした。)
基本的にワインを愉しむのは週末だけなので、(個人では)あまり多くの種類は飲めませんが、今年はどんなおいしいワインに出会えるか、考えるだけでわくわくしますhappy01
Granny
pencilお知らせ
スパムが非常に多いため、年末よりコメント投稿を承認公開制に変更しました。投稿しても今までのようにすぐには表示されず、管理人がチェックし、表示承認するまでに多少時間がかかりますので、ご了承ください。

| | Comments (5)
|

鉄ちゃんな連休

3連休は、千葉の実家へ帰省してきました。
お天気に恵まれたこともあって、ローカル線には鉄ちゃん(鉄道ファン)・・と思しき人たちがたくさんいました。
中でもすごいなと思ったのは、一時間に数本しか通らない電車を撮るために、田んぼや畑の中に三脚を持ち込んでいる通称:撮り鉄(鉄道写真)さんたち!
寒さは厳しかったけれど、お天気がよかったのできっといい写真が撮れたことでしょう。
私も影響されて?、JR成田駅に停車していた臨時の団体列車「初詣号」のプレートが珍しかったので、思わず撮ってしまいました~ ちょっぴり恥ずかしかったけどcoldsweats01
鉄ちゃんは、撮り鉄のほかに、車両鉄、乗り鉄、音鉄、模型鉄、時刻表鉄・・・など、いくつかに分類されているようです。おもしろいですね。
Hatumode
pencilお知らせ
スパムが非常に多いため、年末よりコメント投稿を承認公開制に変更しました。投稿しても今までのようにすぐには表示されず、管理人がチェックし、表示承認するまでに多少時間がかかりますので、ご了承ください。

| | Comments (5)
|

ワインよりニャンコ! <NZ2009(5)>

西オークランドのワイナリーめぐりで、ノビロ・ヴィントナーズへ行ったときのこと。
Nobiloは日本でもおなじみの、Monkey BayやKim Crawfordを出しています。
何種類かワインをテイスティングさせてもらっていたところ、奥のオフィスのほうからニャンコが登場。
(ここで飼われているらしい。)
catと見たら、見境がつかなくなる。。。もう、ワインどころではありません。I LOVE CATS!!!とニャンコの方に近づいて、おいでおいでをすると、なんと寄ってきてくれましたhappy01
テイスティングを放り出し、しばらく遊んでもらいます。
Ottoは呆れ顔gawk・・・この状況ではもうどうしようもないと諦めているのでしょう。
ちょっぴり太めで、毛並みはふわふわ~とっても可愛かったheart01
慣れてきた頃に、カメラを向けても大丈夫かな?と恐る恐る一枚撮らせていただきました。
Nobilo1
Nobilo2
看板ネコなのニャcat
pencilお知らせ
スパムが多くなってきたため、年末よりコメント投稿を承認公開制に変更しました。投稿しても今までのようにすぐには表示されず、管理人がチェックし、表示承認するまでに多少時間がかかりますので、ご了承ください。

| | Comments (7)
|

2010年もよろしくお願いします

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
2005年にスタートしたブログCATNIP Collecitonは、今年で6年目を迎えます。
細々とした運営ですが、今年も趣味を通じて、いろいろな方と楽しく交流&情報交換できたらいいな~と思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
今年は寅年ですが、家中どこを探しても、トラグッズは見当たりません。
同じネコ科ということで、ニャンコ(リモージュ)でご勘弁くださいcoldsweats01
精悍な顔つきで、トラの赤ちゃんみたいでしょうsign02
catお知らせcat
最近とみにスパム投稿が多くなってしまったため、やむを得ず、年末よりコメント投稿を承認公開制にさせていただくことにしました。画像掲示板も同様です。
投稿していただいても今までのようにすぐには表示されず、管理人がチェックし、表示承認するまでに多少時間がかかります。皆さんにはご不便をおかけしますが、ご了承ください。
2010tora
2010tora2_3

| | Comments (8)
|

« December 2009 | Main | February 2010 »