« ヴィラデスト・ワイナリー | Main | ベアードビール@沼津 »

マンズワイン・小諸ワイナリー

今回もう一箇所、小諸にあるマンズワインを訪ねました。
ワイナリーの目の前にあるブドウ畑では、シャルドネの木から若葉が出ていました。
これから9-10月の収穫期まで、無事に育ってね
Manss1


Manss2
この地方ではまだ遅霜の恐れもあるそうで、対策が施されています。
ブドウに限らず、植物を育てるのは大変ですよね。丹精込めて育てたブドウが醸造されて、
おいしいワインができる・・・当たり前のことですが、実際にワイナリーに来て、栽培、醸造の苦労を垣間見ると、ますますワインに愛着が持てるような気がします

Manss3
ワイナリーの隣にある広大な日本庭園「万酔園」には、樹齢90年になる善光寺ブドウの原木がありました。

ヴィラデストワイナリーが個人客中心なのに対し、こちらマンズワインは団体グループがメインのようですが、もちろん個人での訪問もOKです。(ビデオ鑑賞、工場見学、ブドウ畑案内)。
試飲はデイリー価格帯のものは無料で、種類も豊富です。
マンズワインはキッコーマンが親会社というのは知っていましたが、ワインにはなじみがありませんでした。
今回事前にガイド本を見て、国際コンクールでシャルドネが金賞を取ったというプレミアムワイン・ソラリスに興味を持ちました。
千曲川流域のブドウを中心に、長野県産100%のブドウを使って、このワイナリーで仕込んでいる自信作のようです。
有料試飲500円で、白3(リースリング、シャルドネ×2)、赤4(メルロ×2、カベルネ・ソーヴィニヨン×2)の計7種類をテイスティング。
シャルドネで造られたスパークリング(瓶内二次発酵)にも興味があったけれど、残念ながらこちらは試飲不可。
リースリングは酸が際立っており、ちょっと?かなと感じましたが、他はどれもしっかりした香りと味わいで、特に2007年の信州 東山 カベルネ・ソーヴィニヨン 複雑でスパイスのニュアンスもあって私好みでした。
赤はストックがあるので、信州シャルドネ 樽仕込 2008をお買い上げ。
Solaris


Solaris2


裏ラベルの表記に、自信、こだわりを感じます
スキーはしないし、温泉にもあまり興味がないので、今までなかなか足が向かなかった信州ですが、美しい自然の中、おいしいワインと料理を求めて、何度も訪れたいところになりました

極上ワイナリーの旅 交通新聞社発行 トラベルムック¥1500

|

« ヴィラデスト・ワイナリー | Main | ベアードビール@沼津 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事

Comments

Hiroさん、こんにちは!
信州ワイナリー巡り、お天気も良くて、美味しい旅だったようですね
ブドウ畑の若葉ちゃんに声をかけたくなる気持ち、わかるニャー。

マンズワインって、キッコーマンとは…。
の試飲、7種類も飲んで酔っ払いませんでしたか?
お料理は如何でしたか?

私、アッチ方面は、教え子の結婚式で長野に一度だけ。
でも、演奏を頼まれてたので、乾杯程度で我慢の子でした。
ワイン美味しかったんだろうなぁ

Posted by: ミューママ | May 22, 2010 13:09

ミューママさん
こんばんは♪
演奏の前では楽しめませんよね。
機会があったらゆっくり信州ワイナリー巡りしてみてくださいね。
>7種類も飲んで酔っ払いませんでしたか?
小さなコップにほんの少しずつ、
それぞれふた口程度のテイスティングですから、酔っ払うことはないです
>お料理は如何でしたか?
マンズワインのレストランは洋食系でお値段も安くておいしかったですよ。
信州は蕎麦と山菜の本場、両方とも好きなのでポイント高いのかな

Posted by: Hiro | May 22, 2010 17:56

葡萄の新芽に心癒されます
おっしゃるとおり、普段飲んでいるワインや食べ物も、大切に愛情込めて作られたものなんだと思うと愛着も湧きますし、無駄に出来ないと感じますね

ワイナリー、試飲をして好みのワインを選べるというのが、なんともワクワクします
お蕎麦もりんごも美味しいし、信州早速行ってみたくなりました

Posted by: tomiにゃん | May 24, 2010 11:57

tomiにゃんさん
新芽も秋には色づいているでしょう。
収穫の時期にまた訪れたいものです。
だいたいどこのワイナリーでも、量産品は無料、プレミアムクラスは有料試飲が多いですが、ワイン好きには至福のひとときですね
>お蕎麦もりんごも美味しいし
tomiにゃんさんもお好きですか!?
私はうどんより蕎麦、みかんよりリンゴなのでポイント高いのかも

Posted by: Hiro | May 25, 2010 09:22

いろんなことが勉強になり、
ワインの物知りになりそう・・・
お食事したんですか?
ここは、ご自分への御褒美ですね・・・

Posted by: LOVEピ・ヨンジュン♪ | May 25, 2010 10:49

LOVEピ・ヨンジュン♪さん
実際にワイナリーへ行くと、
いろいろと勉強になりますね
こちらではシェフのおすすめピッツァを
食べました。
お値段も良心的でなかなかおいしかったですよ
帰路を考えては我慢しました。

Posted by: Hiro | May 25, 2010 19:36

Hiroちゃん こんにちは!

小諸っていいところですね~!
最近こういう自然があふれる場所が
憧れです~~。

ワインの味も作られた場所で違うのですか?
あまりにも初歩質問でごめんなさい。

Posted by: toro | May 27, 2010 14:50

toroちゃん
こんにちは♪
小諸は藤村ゆかりの地で
「小諸なる古城のほとり・・」で有名ですね。
桜で有名な懐古園にはまだボタン桜が咲いていました
>ワインの味も作られた場所で違うのですか?
あまりにも初歩質問でごめんなさい。
いいえ~そんなことないですよ
たとえば同じブドウ品種でも、フランスで造られたものと長野で造られたものが味わいや香りが違うように、その土地や風土が造りだすという一面がワインにはあります。
他の農産物でも同じかもしれないけど、
おもしろいですね

Posted by: Hiro | May 28, 2010 09:04

こんにちは~

極上ワイナリーの旅、信州の初夏の風景を楽しめて、ワインの自信作に出会えたとっても良い旅になったようです。
何度も訪れたくなるって最高です。(*^_^*)

ラベル表記にきちっと書かれいるのは、とっても大切にワインを造っておられるんですね。

これからの季節、白ワインが食卓を爽やかにしてくれそうです。
シャルドネ美味しかったでしょうね。(・∀・)イイ!

Posted by: kokumi | June 05, 2010 09:30

kokumiさん
こんにちは♪
RESが遅くなってすみません。
乗り物が苦手でのんびり鉄道の旅というのができないので、長野新幹線はとても便利で
信州行きを後押ししてくれてます
これからもジメジメとした蒸し暑い時期には、すっきりした白ワインが最高ですね!
リースリングやソーヴィニヨンブランもおすすめです

Posted by: Hiro | June 08, 2010 08:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マンズワイン・小諸ワイナリー:

« ヴィラデスト・ワイナリー | Main | ベアードビール@沼津 »