« スイカ酵母で韓国料理 | Main | 残暑お見舞い »

ロワールワインセミナー

ソムリエ協会のロワールワインA.O.Cセミナーに行ってきました。
ロワール地方は、フランスの庭と呼ばれるくらい美しいところで、ユネスコ世界遺産にも登録されています。
そういえばロワールの古城めぐり・・というツアーもありますね。
ロワールワインについては、2年前認定試験対策で勉強しましたが、地域が広く多彩なブドウ品種、
数多いA.O.C、色分け(白赤甘泡)を覚えるのが結構大変だった記憶があります。
そしていろいろなワインをテイスティングしたけれど、飲むチャンスはあまりないですね。
たま~にChinonやSancerreが飲みたくなることはありますが。
さて今回はロワールワインコンクール優勝の経験があり、何度もロワールを訪れている講師の先生から、地域ごとのA.O.Cの特徴を、現地情報含めてお話いただきました。
日本ではロワールワインは人気はいまひとつで、全般に「軽いワイン」と思われているけれど、
現地では年代モノも多くあるし、パリではロワールワインが人気で一番多く飲まれているそうです。
またビオ、料理との相性、飲む温度などのお話は、ソムリエだけでなく、愛好家にも参考になるものでした。
テイスティングは白2、赤2で、特に白、ミュスカデとシュナンブランの特徴を再確認しました。
というのも・・・ミュスカデの酸ってこんなにシャープだったっけ
ミュスカデはシュール・リー(製法)で造られるものが多く、それにより発生する吟醸香のせいで、
自分の中では日本酒に似ているというイメージが強くて、酸は控えめ・・と(間違って)覚えていたのでした
柑橘系の香り、味わいはライトで酸がシャープで、鮎の塩焼きとか白身魚の刺身などとの相性が良さそうなので、和食のお店にぜひ置いて欲しいと思いました。
セミナーの帰りに、成城〇井を覗いたら、NZ人醸造家がロワール地方で造ったというおもしろいワインを
見つけました。KIWI キュヴェ シャルドネ2008で1590円也。
どんなワインか興味津々、開けるのが楽しみです
Loirewine


|

« スイカ酵母で韓国料理 | Main | 残暑お見舞い »

ワイン」カテゴリの記事

Comments

もうすぐですね~
たくさん写真とってくださいね。

Posted by: LOVEピ・ヨンジュン♪ | August 29, 2010 21:53

LOVEピ・ヨンジュン♪さん
ありがとう~
明日から行ってきまーす!
台風の進路になっているので、週間予報は

Posted by: Hiro | August 31, 2010 17:46

そうですか、えへへ・・・
楽しんでますか・・・帰ったら、記事楽しみにしてます。

Posted by: LOVEピ・ヨンジュン♪ | September 02, 2010 11:21

LOVEピ・ヨンジュン♪さん
おととい無事帰国しました!
台風のため一日遅れの出発になったり、
何かとハプニングの多い旅になりましたが、
いろいろ楽しんできました。
想像以上に近くてびっくり
これからはもっと気軽に遊びに行けそうです

Posted by: Hiro | September 07, 2010 18:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロワールワインセミナー:

« スイカ酵母で韓国料理 | Main | 残暑お見舞い »