« October 2010 | Main | December 2010 »

ワインボトルのエプロン

先日に引き続き、東欧のおみやげを紹介しますね。
(検索フレーズランキング、**のおみやげ・・って意外と多いので。)
これはハンガリー・ブダペストで買った、ボトルエプロン。
薄での布で出来ていて、刺繍がしてあります。
ブダペストは刺繍製品が多く、大きなものはテーブルクロス、ブラウス、エプロンなどの衣類、小さなものはドイリーやコースターなどがありました。
東欧らしい素朴であたたかい雰囲気があり、薄くてかさばらないものが多いので、おみやげには向いていると思います。
ボトルエプロンは何のボトルに使っても良いのでしょうが、ハンガリーはワイン銘醸地なので、
やはりワインボトルに使うのがいいでしょうね。
我が家にはハンガリーワインはありませんので、エプロンをしているのはボルドーボトルさんです。
Bottleapron1
エプロンのポケットには小さめのコースターが6枚入っています。
刺繍をよく見ると、ピンクの花、赤の花、両方の色と・・一枚ずつ微妙に違っていてカワイイ
ホームパーティーなどに良さそうです。

ハンガリーの旅行記にも書いているのですが、
私もよく使っている形容詞カワイイをブダペストで現地の人から聞いたときは驚きましたhappy01
それだけ日本人観光客が多いということかもしれませんが、
スシ、トウフと同じように、世界中どこでも通じるようなことばになるかもしれませんcat

Bottleapron2


| | Comments (4) | TrackBack (0)

晩秋の山梨

飛び石連休は、立川から特急かいじに乗って、2年ぶりに山梨へ。
ぶどうの収穫もすっかり終わり、畑は黄葉の季節です。
さすがに山梨、fujiがとても近くに見えましたが、暖かい日だったので残念ながらぼんやりとしていました。
こちらはシャトレーゼ・ベルフォーレワイナリーの目の前にあるぶどう畑。
現在は洋菓子のシャトレーゼのワイナリーですが、以前は雪印の経営だったようですね。
売店で買ったサラミ入りスモークチーズの製造元を見ると、
(横浜市)雪印乳業チーズ工場でした。
Yamanasi201001


Continue reading "晩秋の山梨"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ボージョレ・ヌーヴォー2010

Bn2010


今年はこの3種類を買いました。
毎年恒例この時期のお楽しみ・・・味がどうのこうのという以前に、いいものですね。
普段ほとんど飲むことのないガメイ種の個性を感じると、ああ今年もヌーヴォーの季節がやってきた
・・と思います。
ワインをよく飲むようになる前から、ボージョレ・ヌーヴォーは毎年必ず飲んでいました。
フレッシュで果実味が豊かで渋みが少なく、ワインビギナーにも親しみやすいからでしょうね。
合わせる料理は、肉料理・・と気張らなくても、お惣菜、たとえば肉じゃがとか、ジャーマンポテトなどもいいと思います。
去年の解禁日にはちょうどオークランド(NZ)にいたのですが、ワインショップやスーパーに行っても、フランスの新酒を見つけることができませんでした。
世界で一番のボージョレ・ヌーヴォー好きは、日本人なのかもしれませんhappy01

| | Comments (2) | TrackBack (0)

こたつ初日

11月も半ばに入り、朝晩は冷え込む日が多くなってきましたね。
今朝テレビで、「こたつ初日」ということばを初めて聞きました。
多くの家庭でこたつを出す日のことのようです。
我が家では昨日出しました。考えてみれば、毎年11月中旬に出しているような気がします。
このミニチュアこたつは、素敵なブログを運営されているミニチュア手帖 sugiさんの手作りをいただいたものです。
とてもかわいくてあたたかみがあり、サイズもネコさんたちにぴったりですね。
sugiさんは現在ブログをお休みされていますが、いつかまた再開される日を心待ちにしていますhappy01
catテレビは地デジ化しないといけないニャ。。

<マルサンガイヤミュージアム ザ・キャットフィギュアコレクション>
<ユージン 昭和ネコ>
<リーメント 京都に恋してる 6.はんなり和菓子>
Kotatu2010


| | Comments (5) | TrackBack (0)

スロバキアのおみやげ

先日部屋の片づけをしていたら、こんなものが出てきました。
1998年に旅行した、スロバキアの首都・ブラチスラヴァで買ったおみやげです。
ざっくりした布に刺繍してあるものですが、横長で端が縫ってないので、何に使うというわけでなく、
紙袋に入ったままになっていました。
東欧らしい素朴で可愛らしいモチーフが気に入って買ったのに、長い間眠らせて可哀想なことをしましたconfident
額に入れて、どこかに飾ろうと思います。
スロバキアは西欧とはまったく雰囲気が違って、新鮮な驚きの連続でした。
なかなかチャンスがないところなので、あの時思い切って行ってよかったな~と今思います。
Slovakia_2

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »