« マル&チー近況報告 | Main | 世界の料理と・・ »

横山幸雄ピアノリサイタル

昨年10月にチケットを取って4ヶ月・・・
待ちに待った横山幸雄さんのピアノリサイタルに行ってきました

会場は東京オペラシティコンサートホール。
横山さん、登場してごあいさつ。「今日は比較的短い時間のコンサートで・・・」
会場からどっと笑いが!
ショパンの全曲コンサートをやっているホールなので、それに比べたら2時間は確かに短い(笑)

間近で拝見する横山氏は、紳士的で穏やかな語り口、落ち着いていて風格があります。
曲の前後に自身による解説が付くのも、横山スタイル。

楽曲は次のとおり。

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第2番 Op.2-2

ショパン:即興曲 第1番 Op.29
ショパン:即興曲 第2番 Op.36
ショパン:即興曲 第3番 Op.51
ショパン:即興曲 第4番 Op.66「幻想即興曲」

ショパン:ポロネーズ第6番 Op.53「英雄ポロネーズ」

-------

シューマン:クライスレリアーナ Op.16

リスト:愛の夢S541/R211 より 第3番

リスト:メフィスト・ワルツ 第1番

-------
アンコール

シューベルト:即興曲 第3番 D899-3
ショパン:ノクターン 第8番 Op.27-2
-------

いや〜想像通り、素晴らしかった‼
生演奏は最高。迫力が違いました。
ショパンを筆頭に、横山さんの美しく豊かで、力強い演奏を堪能したのはもちろんですが、
いちばん印象に残ったのは、意外にもリストのメフィスト・ワルツです。

昨年発売されたCDプレイズ・リストに入っていたこの曲、
正直何度聴いても、いまひとつピンときませんでした。
ところが今回、生で素晴らしい演奏を聴いて、
ピアノの多彩な音色と力強さ、迫力に驚き・・・、心臓バクバク

リストの超絶技巧というのはこういうもの!?・・と
この曲の魅力がやっとわかったような気がします。

音楽に関してはワインのように分析はできないけれど、
演奏家+曲のマッチングがクラシックの醍醐味ですね。
横山さんを聴くようになって、ピアノの奥深い魅力を再認識しています。

次は「入魂のショパン」楽しみです

「横山幸雄 入魂のショパン」の記者懇親会レポート

|

« マル&チー近況報告 | Main | 世界の料理と・・ »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 横山幸雄ピアノリサイタル:

« マル&チー近況報告 | Main | 世界の料理と・・ »