« 2014 G.W. | Main | 味噌汁と松山あげ »

横山幸雄 入魂のショパン2014

ああーー終わってしまった。
念願の横山さんのオールショパンコンサート、入魂のショパン(東京オペラシティコンサートホール)。
素晴らしかった‼ 本当に行ってよかった。

5月3日、4日の二日間、ショパンのピアノ曲217曲を年代順に暗譜で演奏という
超人的なコンサート。
私は二日目夜の部、通常のコンサート2回分、4時間でショパンの晩年、円熟期の作品37曲を
横山さんの力強く美しい演奏で愉しみました。

特に印象に残っているのがバラード第4番。
今回いちばん楽しみにしていた曲です。
ピアノの奥深い魅力、素晴らしさを堪能。。。。
心が揺さぶられる名曲中の名曲だとあらためて思いました。

英雄ポロネーズもソナタ3番も最高だけど、強いてあげると舟歌かな。
ピアノってなんて優しく美しい音色なの!?と驚きを感じるくらい素敵な演奏でした。
水面のキラキラが思い浮かびました。

夜の部だけとは言え、これほど長時間のコンサートは初めてだったので、
さすがに少しは聴き疲れてしまうのではないか、
緊張感(音を立ててはいけない)が続くのだろうか、、、
特別な企画だけに、素人の私は違和感を持ってしまうのではないか、、、など
事前には不安もありましたが、どれも杞憂に終わりました。

ずっと聴いていても疲れるどころか、楽しくて幸せな気持ちでしたが、
217曲目のソナタ第3番の第4楽章が始まると寂しくなってしまって。。。。
このままこの幸せな時間が続いて欲しいと思うくらいでしたconfident
ドラマチックなラストはスタンディングオベーション!!

入魂のショパンは初めてでしたが、横山さんのショパンに対する深い敬愛の心と、
強い情熱が伝わってきて、
とても贅沢で本当に楽しい4時間でした。
プロ中のプロとは言え、大変なご苦労もあったと思います。
本当にお疲れ様でした。
終了後はシャンパンとブルゴーニュワインを愉しまれたかしら?(勝手な想像)

217曲暗譜とは比較になりませんが、
37曲の曲順を覚えたつもりでプログラムを見ずにコンサートに臨みましたが、
途中マズルカの作品番号が怪しくなってしまいましたcoldsweats01

今回、今まであまり注目しなかったマズルカもじっくり聴いてみて、
ショパンらしい心に染み入る曲がいくつもあって、新たな発見でした。

次のオペラシティは9月のベートーヴェン・プラスですね。楽しみです♪

ーーーーー
この20年余り、音楽はヴァイオリンがいちばん好きだと思っていました。
でも昨年横山さんのファンになってから、
こんなにピアノ曲が好きだったんだ⁉と自分に驚いていますeye

|
|

« 2014 G.W. | Main | 味噌汁と松山あげ »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86956/59600714

Listed below are links to weblogs that reference 横山幸雄 入魂のショパン2014:

« 2014 G.W. | Main | 味噌汁と松山あげ »