« お外が大好き | Main | ふニャン »

ピアノトリオコンサート(中山博之、于波、ビルマン聡平)

3連休の中日、銀座王子ホールのピアノトリオコンサートに行ってきました。
男性トリオによるベートーヴェン ピアノ三重奏曲 第7番 変ロ長調 作品97
「大公」
ベートーヴェンが重要なパトロンにして親しい友人であるルドルフ大公に
献呈した優美で気品ある曲で、初めて聴いた時から好きになりました。

中山博之(ピアノ、編曲、作曲)
于波 (チェロ)
ビルマン聡平(ヴァイオリン)

最近ベートーヴェンは、熱情ソナタのような激しい曲をよく聴いていたので、
それに比べるとずいぶん雰囲気が違います。
ピアノ、ヴァイオリン、チェロそれぞれの魅力・個性とコンビネーションが素晴らしくて、
やっぱり室内楽っていいなぁと思わせてくれる演奏でした。

後半はガラリと雰囲気が変わって、日本の秋メドレーや、おなじみの曲中心、
また軽妙なトークもたっぷりで、まるでライブのような盛り上がりでした。
いちばん驚いたのは、チェロの于波さんが
ヴァイオリンの名曲、あのチャールダーシュをメインで弾いたことです。

アンコールはタンゴが2曲、熱~い演奏で締めくくりました。

Ojihall

コンサートツアーの最終日でお疲れがピークに達していたとのこと、
途中スリリングな場面もあったそうですが、さすが中身の濃い演奏会でした。

クラシックファンでなくても楽しめるプログラムで、
連れにも喜んでもらえて、ホッとしました。

-----
この3連休は、CS 1stステージでCarpの試合をTV観戦する予定でしたが、
願い叶わず・・・・かなり落ち込んでいました。
でも楽しい演奏会のおかげで、何とか立ち直れましたhappy01


|
|

« お外が大好き | Main | ふニャン »

音楽」カテゴリの記事

Comments

今年のカープ、あと一息頑張ってほしかったなぁ。
投手陣が充実していただけに、非常に残念でしたweepweep

大公トリオ、私も本番で何回かやりましたが、掛け引きが面白くて、何度やってもスリリングでしたよnotes
チェロでチャルダッシュ!?凄いですねぇ。私も聴きたかったわ。
横山サンの追っかけをしたり、トリオで憂さ晴らししたり、Hiroさんもお外が大好きですニャ。
6キロの男のcatって、だっこしたら腕が痺れそうですね。

Posted by: ミューママ | October 16, 2015 at 16:44

libraミューママさん
今シーズンは黒田投手の勇姿が見られたのは嬉しかったですけど、あと一歩残念でしたねweep
>掛け引きが面白くて、何度やってもスリリング
トリオだと合わせるのもなかなか大変らしいですね。でもとてもいい曲で、ベートーヴェンにしては珍しく(笑)いっぺんで好きになりました。
于波さんは初めて聴きましたが、ロックのギタリストのような風貌で、躍動するチェリストでした。
芸術の秋これからが本番!横山さんを追っ駆けますよ~happy01

Posted by: Hiro | October 19, 2015 at 09:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86956/62461845

Listed below are links to weblogs that reference ピアノトリオコンサート(中山博之、于波、ビルマン聡平):

« お外が大好き | Main | ふニャン »