« ニャンモナイトとオオムラサキ | Main | 最近の家飲みワイン »

横山幸雄入魂のショパン2016

5月4日、東京オペラシティ コンサートホールに行ってきました。
横山幸雄ファンにとって、GWと言えば恒例となった入魂のショパン、
オールショパンのコンサートです。
今回はショパン 10代後半から20代前半の曲を、ショパンの人生、時代背景、曲の解説とともに
じっくりと若きショパンに浸るというプログラムでした。

<第1部>
ピアノ協奏曲第1番Op.11    ピアノ協奏曲第2番Op.21

<第2部>
モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」の“お手をどうぞ
(ラ・チ・ダレム・ラ・マーノ)”の主題による変奏曲Op.2
ポーランドの民謡の主題による大幻想曲Op.13
演奏会用ロンド「クラコヴィアク」Op.14

<第3部>
4つのマズルカOp.6  5つのマズルカOp.7
3つのノクターンOp.9 12のエチュードOp.10

<第4部>
華麗なる変奏曲Op.12
3つのノクターンOp.15
序奏とロンドOp.16
4つのマズルカOp.17
ワルツ第1番Op.18「華麗なる大円舞曲」
序奏とボレロOp.19
スケルツォ第1番Op.20
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズOp.22

<第5部>
バラード第1番Op.23 
4つのマズルカOp.24   
12のエチュードOp.25

全部で5部構成でしたが、私は第1部、第2部、第3部を聴きました。
(これだけでも普通の演奏会2回分のボリュームです。)

いちばん楽しみにしていたのが第1部、
ピアノコンチェルトの独奏バージョンです。
ショパンの数ある楽曲の中でもベスト10に入る、大好きなこの1番。
横山さんの演奏は2度聴いたことがありますが、独奏版は初めてでした。
オーケストラ曲をピアノ一台で演奏するのですから、
いくらピアノがひとりオーケストラのできる楽器とはいえ、少し物足りなさを感じてしまうのでは?
と思っていましたが、それは冒頭の部分だけ(オーケストラのみの演奏が続く)で
あとは華麗で瑞々しい曲の世界に引き込まれていきました。
中でも第二楽章の、優しく美しいことと言ったら! 
最高でした。

2番のコンチェルトは、横山さんが19歳のときのショパンコンクール、ファイナルで演奏した
思い出の曲であり、繊細でナイーブなショパン本来の内面が表現された作品ということです。
1番に比べるとちょっと地味な感じもして、ショパンコンクールのファイナルではどちらかの
選択になっていますが、2番を選ぶ人は少ないようですね。
昨年秋のコンクールでは優勝者のチョ・ソンジンは1番を選んだのに対して、
2位のシャルル・リシャール=アムランは2番を演奏しました。
これまであまり聴くことがなかった2番ですが、繊細で美しい曲だと
思いました。

第3部のラストは、op10-12 革命のエチュード。
祖国ポーランドを後にパリへ向かう道中、ショパンはワルシャワがロシア軍によって侵攻されたことを
知ります。怒り、悔しさ、無念の情を込めてこの曲を書いたのではと言われています。
意外にも横山さんによる生・革命は初めてでしたが、
ドラマティックで激しいこの曲、ショパンの怒りや苦しみ、やるせなさが伝わってきて鳥肌ものでした。
カッコ良すぎます!

会場で6月8日発売予定のCD シューベルト アンプロンプチュが先行販売されていたので
買い求めました。
発売が待ち遠しかったので嬉しいです。

これからもGWは旅行ではなく、オペラシティということになりそうです。

Yokoyama2016

|

« ニャンモナイトとオオムラサキ | Main | 最近の家飲みワイン »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Hiroさん、帰省から演奏会まで、充実のGWでしたね。
松山では、いつものに遇えましたか?

横山氏、相変わらず意欲的と申しましょうかタフでいらっしゃいますね。
ショパンPf.協、二台Pf.版は時に耳にしますが、一台Pf.版は…初耳です。
抒情的な弦の響きやソロとオケの対話が無いのは私的にはとっても寂しいニャー
お求めになったCD、サイン入りかしら?

Posted by: ミューママ | May 09, 2016 23:21

ミューママさん
GWはいかがお過ごしでしたか?GW前半は実母の介護で千葉へ。
マルチーに会えるのは嬉しいんですけど、毎度のことですが心身共に疲れました。
でも4ヶ月ぶりの横山さんコンサートで贅沢な時間を過ごし、また元気をもらいました。
5部終了後にサイン会があったのですが、諸事情により3部で帰ったのでサインはなしです。
音楽という星から来た宇宙人・・どなたかが横山さんのことをこう表現していましたが、同感です(笑)
福山でも定期的にレクチャー&演奏会を開いているようですね。(アップルツリーさんというところです。)
毎日シューベルトの慈愛に満ちた音楽に心癒されています

Posted by: Hiro | May 10, 2016 14:53

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 横山幸雄入魂のショパン2016:

« ニャンモナイトとオオムラサキ | Main | 最近の家飲みワイン »