« August 2016 | Main | October 2016 »

ビルマン聡平 中山博之デュオリサイタル

2016年9月24日(土)東京オペラシティ リサイタルホール

ヴァイオリン ビルマン聡平
ピアノ 中山博之

プログラム
クライスラー 前奏曲とアレグロ
パガニーニ カンタービレ
ブラームス ヴァイオリンソナタ 第3番 ニ短調 作品108
-----
アイルランド民謡 春の日の花と輝く ☆
アイルランド民謡 ロンドンデリーの歌 ☆

ドヴォルザーク オペラ「ルサルカ」より ”白銀の月よ” ☆
ビゼー オペラ「真珠取り」より”耳に残るは君の歌声” ☆
プッチーニ オペラ「トスカ」より ”歌に生き、恋に生き” ☆

ヴィターリ シャコンヌ ト短調

☆編曲 中山博之
-----
アンコール カッチーニ アヴェマリア 

横山さんのベートーヴェンの余韻がまだ残る中、
1日置いてまたオペラシティへ。今度はリサイタルホールです。
NHK文化センターでは身近に演奏を聴かせて頂いているお二人ですが、
晴れの舞台ではいつも以上に素敵に見えましたshine

前半は正統派クラシックのヴァイオリンの名曲。
ビルマンさんの優しく伸びやかなヴァイオリンと、
中山さんの端正で美しいピアノのハーモニーに癒されました。
特にブラームスのソナタは渋くて大好きです。

後半は雰囲気を変えて、少しカジュアルに、
お二人の息のあった楽しいトークも交えての演奏が続きます。

オペラのアリアをヴァイオリンが美しく歌う三曲はこのデュオならでは!
作曲家でもある中山さんが、ビルマンさんの艶やかで美しい音色を生かすために、
編曲したそうです。

ラストは大好きなヴィターリのシャコンヌ。
ヴァイオリンの技巧がちりばめられた変奏が情熱的に続いていくこの曲は
何度聴いてもしびれますlovely

ビルマンさんのヴァイオリンが以前に比べてより艶やかになったと感じていたら、
とても良い弓に出会ったそうで、勝手に歌ってくれる感じるなんです。。と。
お誘いした友人も感動して、すっかりファンになってしまいました。
これからも年に一度はこのデュオで素敵な演奏を聴かせてくださいnotes

Birman


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ベートーヴェンピアノ協奏曲全曲演奏会

2016年9月22日 (木)東京オペラシティ コンサートホール
横山幸雄 デビュー25周年記念 ベートーヴェン・プラス 特別演奏会

14:00開演

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 Op.15
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op.19

-------------
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 Op.37
-------------
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 Op.58
-------------
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調《皇帝》Op.73

18:30 終演

トリトン晴れた海のオーケストラ
コンサートマスター 矢部達哉
指揮者なし

Yokoyama201609

横山さんならもう誰も驚かない全曲演奏会ですが、改めて凄いことだと思いました。
14時開演、18時半終演で普通の演奏会の2回分以上ですから
聴きにいくほうも、それなりの覚悟が必要です。
こうした演奏会へのこだわりについて、音楽評論家平野昭氏は次のように書いています。
ーーー
横山は「すべてを一気に演奏することに意味がある」と断言する。
ベートーヴェンのピアノ協奏曲を理解するには、5曲それぞれの成立過程を知り、
究極に向かって段階的に変化する個々の作品の表現様式の違いを知ることが必要になってくる。
つまり18世紀の伝統的な様式から、19世紀の全く新しい表現様式への革新を遂げる過程を示す
絵巻物を紐解きながら全容をみることで作曲家 ベートーヴェンの真意が初めて見えてくる。
ーーー
自分には敷居の高い演奏会に思えて、最初はスルーするつもりでした。
でも6月に入って、やっぱり行こう!と思いたちチケットを取りました。
自分なりにベートーヴェンに親しみ、少しでも理解したくて、
全集を入手し、4-1-3-2の順で聴きこんでいったところ、
4番が繊細で美しく一番好きだと思うようになりました。

チケットは出遅れたため、右側の席しか取れませんでしたが、
意外とお顔がよく見える席でラッキーheart01
4時間半を少しも長いと感じることのない、至福の非日常でした。
(ずっと左を向いていたので、やや肩こりが。。coldsweats01

4番はCDで聴いていたイメージそのままで、繊細、壮麗で素晴らしかったですが、
意外にも、3番に心を揺さぶられました。
1番と2番が続けて演奏されたあと休憩を挟み、カープカラーの鮮やかなシャツで
登場した横山さん。
曲が始まると、ああ!ベートーヴェンらしい!と感じました。
情熱的、重厚さと暗さ、心の叫びのようなものが。。
絶望の中で希望を感じさせる優しくで美しい部分もあり、
私の中のベートーヴェンのイメージそのままで。
5曲中唯一の短調の作品であり、ハ短調、悲愴ソナタと同じです。

5番 皇帝は別格の素晴らしさでしたshine
ピアノ協奏曲の最高峰と言われるこの曲。
昨年みなとみらいでの4大ピアノ協奏曲では1曲目で、
きらびやかな印象が第一でしたが、
威風堂々、気品と華やかさ、スケールの大きさ、
ベートーヴェンを神と敬愛するピアニストの25周年を飾るのに
これ以上の曲はないと思いましたsign03

カープのリーグ優勝と同じ、こちらも四半世紀とは。。今年は25年に縁がありますね。
私はまだファン歴3年半ですが、これから30周年、35周年・・と
横山さんの演奏を聴きに行きたいと思いました。

Yokoyama20160901

横山さんファイル(演奏会のチラシ、プログラム、チケット、アンコール曲のメモなど)。
今年中にいっぱいになるので、2017年は新しいファイルにしないとhappy01


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

初秋の青森

先週は遅めの夏休みで、青森に行ってきました。
旅行計画時には、9月中旬はまだ残暑が厳しいと予想し、
東北でまだ行ったことのない青森に決めました。

東京からはやぶさで新青森へ

青森に移動し 駅前で煮干しラーメンのランチgood

ホテルのバスで奥入瀬渓流ホテルへ

初日の奥入瀬は大雨rainでしたが、
2日目はsun 長袖のシャツ一枚で歩ける爽やかな散策日和でした。
大雨の翌日で渓流はやや濁っていますが、迫力満点。
水を含んだ緑がキラキラしてとても美しかったsign03
あと1ヶ月もすれば紅葉の季節ですね。

Aomori08_2

奥入瀬渓流は自然が大事に守られていて、本当に素晴らしいところでした。
カレンダーのような写真は撮れなくても、やっぱり実物はすごいです。
マイカー規制がされていますが、バスは通っているので、
体力に合わせて、マイペースで散策できるのもいいと思いました。

Continue reading "初秋の青森"

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

さらに大輪の花を

広島カープの悲願達成の瞬間から3日経ちましたが、
未だ25年分の感動と喜びをかみしめています。

前回優勝した1991年の日本シリーズに感動し、週刊ベースボールの特集号を買っていました。
翌年高校・大学野球とずっと応援してきた選手がカープにトレード移籍したのを
きっかけにCarpファンになりました。
ですから、リーグ優勝は初めての経験。嬉しいものですねsign03

今は私の方が熱心ですが、Ottoはファン歴47年で、
1975年の初優勝を後楽園で観戦していたそうです。
長い長い四半世紀でしたが、本当にCarpファンで良かったと思える
今シーズンです。

個人的に25年で最も印象的な出来事は、
聖地広島市民球場で観戦したとき金本選手がHR打って勝利したこと、
そしてFAで江藤、金本両選手がお金持ち球団に行ってしまったことweep

思い返せば書ききれないほどいろいろなことがありましたが、
制度にも翻弄され暗黒の時代を経て、今年の優勝があります。

ブラウン監督が荒地を耕し、
野村監督が種を蒔き、緒方監督が花を咲かせた。
更に大輪の花日本一をファンは待っていますclover

優勝決定後、有名人のツイートやコメントをいろいろ読んだけれど、
久米宏氏の「生きていて良かったと心から」が、
まさに我が意を得たりだったので、引用させてもらいます。

---
(冒頭部分は省略)
カープには、FA(フリーエージェント)権行使を宣言した選手の残留を認めないというルールがあります。

どこかの金満球団と違い、慢性的貧乏球団の悲しいルールです。

涙のうちに去って行った、黒田選手と新井選手が、2015年に、

そろって戻ってきてくれました。

偶然、そのシーズンの終了後、前田選手のメジャー挑戦が決まりました。

更に、2015年に、僅差でBクラスになってしまった悔しさ。

これらの出来事が、なんとも奇跡的な化学反応を起こし、

今年、見たこともないような強いチームになったのです。

こんな強いカープを見たのは初めてです。

生きていて良かったと、心から思いました。

多くのカープファンは、

25年ぶりの、ブッチギリのリーグ優勝を、喜んでいます。

ただ喜んでいるのではありません、みんな感激しているのです。

感動しているのです。
------

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

いよいよカウントダウン

マジックはもっとゆっくり減っていくものだと思っていたら、現在M4。
前回のブログ更新時8/29はM13でドキドキワクワクでしたが、
ここ数日はそわそわ・・ですcoldsweats01

Carpkitty2016
久しぶりにカープキティちゃんのグッズ(タオル)を買いました。
2007年に根付けのセットをご紹介したことがありましたね。こちら
あの頃はカープ暗黒の時代でしたが、9年後いよいよ
悲願達成のときが近づいてきましたsign03

Maru201608
実家のマルちゃんはややバテ気味、ひんやり廊下でいつもの前足くるりんtyphoon

Maru20160801

今日も残暑が厳しいニャー。
皆さんどうぞご自愛くださいね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

« August 2016 | Main | October 2016 »