« September 2016 | Main | November 2016 »

プレイエルで聴くショパン

プレイエルで聴くショパン 横山幸雄・趙 静 デュオリサイタル
2016年10月28日(金)19:00開演
北とぴあ さくらホール

ピアノ 横山幸雄
チェロ 趙 静

曲目
序奏と華麗なるポロネーズ ハ長調 作品3
ノクターン第1番 変ロ短調 作品9-1
バラード第1番 ト短調 作品23
幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66
スケルツォ第2番 変ロ短調 作品31
---

バラード第4番 ヘ短調 作品52
チェロ・ソナタ ト短調 作品65


Hokutopia

ショパンが愛したプレイエルのピアノで聴く、オールショパンプログラム。
今回使用されたピアノは横山さんがパリで出会い、日本に持ち帰られたもので、
製造は1910年、ショパン生誕100年の年だそう。
(横山さんが教鞭をとる上野学園の所蔵。)

初めて見るプレイエルは、アンティーク家具のような優美な外観で、
初めて生で聴く音は、柔らかく繊細で、まろやかに感じました。
ワインに例えると、ブルゴーニュの白、モンラッシェのよう⁉︎

チェロとピアノのデュオを聴く機会は普段あまり多くありませんが、
チェロの深みと厚みのある音と、華やかなピアノのアンサンブルは
深く心に染み入ってきました。

ピアノソロでは、バラードが最高でした。
数あるショパンの作品の中でも、特に好きな2曲。
1番はキラキラした若さ、情熱に満ちていて、
4番は、曲がまるで人生そのもののような深い味わいがあります。

そんな曲を、横山さんが弾くプレイエルで、
そう遠くない距離で堪能できて、至福のひと時でした。

アンコールもオールショパン。
2曲目が別れのワルツ、これでおしまいかと帰り支度を始めたら、
拍手に応えて再度登場し、別れの曲を弾かれました。
ホントにこれがサイゴだよ、と言っているようで。。happy01

Dsc_0708
ジャパンアーツより

ーーー
Carpは日本シリーズ、残念な結果で終わりましたが、
本当に素晴らしいシーズンで、たくさんの感動をもらいました。
しばらくはカープロスでボーッとしてしまいそうです。


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

マルの後ろ姿

日ごとに秋の深まりを感じる今日この頃。

Maru2016100
外で過ごす時間の長いマル&チーは、冬に向けて一回り大きくなっていました。

Maru201610

マルの後ろ姿のビーズ刺繍は、妹が製作したもの。
小さくてカワイイので、キーホルダーに付けていますhappy01

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

おめでとうございます‼︎

ぶっちぎりのリーグ優勝を決めた広島カープ、
万が一CSで敗退するようなことがあったら。。。?
選手たちのプレッシャーは相当なものだったと思いますが、
4勝1敗で日本シリーズ出場を決めました。ホッcoldsweats01
ファイナルステージ終了のセレモニーで、緒方監督のご挨拶、
(ファンのみなさん)おめでとうございます‼︎ が印象的でした。

7月に紹介したカープのハッピがここにきて大活躍。
週末CS突破直後にOttoが広島の高校の同窓会に持って行ったのですが、
これを着ていたら、見ず知らずのお客さんやホテル従業員の方々から
おめでとうございます‼︎と声をかけられたそうですhappy01
他の参加者もこれを着て記念撮影したり、喜んでもらえたようでなによりです。

さあ土曜日からいよいよ日本シリーズ。
ドキドキ、、、わくわく。。。
今シーズン最後のゲームを、存分に愉しみたいと思います。
毎年日本シリーズは一試合でも多く観たいので、
7戦までもつれて欲しいと願っていますが、
今年に限っては4勝2敗?でカープに日本一になって欲し~いsign03

毎年日本シリーズが終わるとがっくりしてしまうのですが
今年は今からカープロスが怖いですcoldsweats01

Party2


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

チーズの季節

10月に入り、朝夕はひんやりと秋の空気になってきましたね。
秋の到来の感じ方は人それぞれだと思いますが、
私の場合は、ブログの人気記事ランキングと検索ワードに
モンドールチーズが入って来るようになると、今年も秋が来たなぁと思います。

モンドールチーズを愉しむ会 は当ブログで最も読まれている記事。
2007年の投稿ですが、未だに検索で来てくれる方が多いです。

魅惑の美味しさのモンドールですが、ちょっと値が張るし。。
もう少し手軽に楽しめるのが、山のチーズのラクレットです。

ラクレとはフランス語で削り取るという意味。
丸い大きなチーズを半分に切って断面を溶かしながら、削って食べるアルプスの郷土料理、
スイス旅行で食べた・・という方もいるのでは?
外皮に独特の香りがあり、加熱することで風味が増します。

ラクレットの器具がなくても、家庭で簡単においしく頂くことができます。
先日、北海道の共働学舎 新得農場のラクレットをグラタンに使ってみたのですが、
コクと旨味が強く、ワインが進む美味しさでした。
オーブントースターでラクレットを焼いて、ジャガイモやブロッコリーにかけても
シンプルで美味しいですよpig

牛乳は飲めないのに、チーズが大好き。
人の味覚って不思議です。coldsweats01

Cheese05
リモージュボックス

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« September 2016 | Main | November 2016 »