« November 2016 | Main | January 2017 »

ごあいさつ

2016年も残りわずかとなりましたが、
今年もCATNIP Collectioncatにお付き合いいただき、
ありがとうございました。

世の中は空前の猫ブームだそうですが、
こちらは生まれてからうん十年ず〜〜っと猫ブームですよhappy01

今年は寒い季節に体調が優れずワインを飲めない時期もありましたが、
ここ数年白はシャルドネ、赤はピノ・ノワールを飲むことが多くなり
好みがだんだんブルゴーニュ党に近づいてきました。
4-5年前はシャンパン&ボルドー赤が好みだったのに、
年々嗜好が変化するのも、我ながらおもしろいなぁと思います。
美味しいワインを愉しめるのも、健康あってこそと痛感する年代に
なってきましたcoldsweats01

今年もいろいろな演奏会に行くことができましたが、
最も印象に残っているのは9月に行ったオペラシティ、横山幸雄さんの
デビュー25周年 ベートーヴェン ピアノ協奏曲全曲演奏会です。
聴きに行くだけでも覚悟がいる重量級のプログラム、
横山さんでなければできないこだわりの演奏会は
深いベートーヴェン愛が伝わってきて、感動いたしました。
私自身もベートーヴェンの偉大さと魅力が少しずつわかってきたような
気がしています。

数日前、いつ以来かわからないくらい久しぶりに虹を見ました。
新しい年が希望に満ちた一年になりますようにclover
2017年もよろしくお願いします。
Rainbow


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

千住真理子&横山幸雄デュオ・リサイタル

2016.12.23 (金・祝)
やまと芸術文化ホール メインホール 14時開演

今年のラストを飾る演奏会は、千住真理子さんと横山幸雄さんの
豪華デュオ・リサイタルshine 〜冬に咲く華〜

曲目
バッハ:G線上のアリア
ヘンデル:歌劇『セルセ』より「懐かしい木陰よ」
アルビノーニ:アダージョ
フォーレ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ長調
ーーー
シューベルト :4つの即興曲 Op142 D.935より第1番 (ピアノソロ)
ショパン :英雄ポロネーズ 変イ長調 (ピアノソロ)
フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調
ーーー
アンコール
マスカーニ:カヴァレリアルスティカーナの間奏曲
Yamatoc

この二人のデュオは、2013年に初めて生・横山さんを聴きに行ったフィリアホールで、
ブラームスのヴァイオリンソナタ全曲を聴いて以来。
真赤なドレスでご登場の千住さんは知的で美しい演奏、
華のあるヴァイオリニストだと思います。

今回のプログラムは小品、ピアノソロ曲とバラエティに富んでいましたが、
何といってもヴァイオリンソナタ2曲が最高でしたsign01

noteフォーレ ヴァイオリンソナタ第1番

近代フランスの作曲家フォーレ30歳の時の作品。
ヴァイオリンとピアノの多彩なテクニックや音色を駆使して書かれた曲で、
フランスっぽい洗練された雰囲気の中、瑞々しく美しい‼︎

千住さんはフォーレのこの曲が大好きだそうですが、
ピアノパートが難しいため引き受けてくれる人がなかなか見つからないとか。
横山さん、お困りの時はいつでもどうぞとhappy01

CD(ECHEZEAUX 矢部達哉&横山幸雄)で聴いていた時もかなり華麗な曲だと思っていたけれど、
今回横山さんの手元を見ていてよくわかりました。実に目まぐるしいsign01

とても華やかで美しくて、うっとり聴き惚れてしまいましたlovely

note後半はフランクの ヴァイオリンソナタ。

もっとも人気のあるヴァイオリンソナタと言われる名曲、
ピアノとヴァイオリンが優しく、時には諍いもしながら対話していき、
最後はハッピーエンド。。のイメージです。
私も好きでよく聴いていますが、特に第4楽章が明るく快活で、幸せな気分になります。

フランクはベルギーで生まれ、パリで活躍しました。
この曲は友人の名ヴァイオリニスト イザイの結婚祝いとして書かれた作品です。
フォーレもフランクも同じイ長調ですが、フォーレの方が若々しさが前面に出ているのに対して
フランクの方は落ち着いていて、円熟の味わいといったところでしょうか。
ヴァイオリンソナタって素晴らしいなぁ〜と思わせてくれる曲です。

今月前半は体調を崩してしまい、外出もままならない日々が続いていましたが、
なんとしてもこの日までには回復したいと思っていました。
本当に行けて良かった‼︎
私にとって最高のクリスマスプレゼントxmasとなりました。

今年も横山さんを中心に、いろいろな演奏会に行くことができました。
苦しみも少なくない1年でしたが、素晴らしい音楽に元気と癒しをもらいました。
コンサートに足を運べるのも、心身の健康あってこそですね。
来年もいい音楽を聴き、心豊かなひと時を過ごせたら嬉しいです。
一年間拙いコンサートレポート読んでくださった皆さん、ありがとうございました。


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

マル&チー猫だんご

Maru20161201

男の子同士、いつもはべったり仲良しということはありませんが、
この日は珍しくマルがチーのことを舐めてあげていました。
それにしても大きな猫だんごだことsign03
2にゃん合わせると10キロはありますね〜。

この直後、取っ組み合いの喧嘩?じゃれ合い?を始めたニャンズ。
仲が良いのか悪いのか、よく分かりませんhappy01

母の介護で心身共に疲れ果ててしまう時も
catマル&チーの存在が、ひととき心和ませてくれますconfident

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

NZおみやげ

先週Ottoがニュージーランドに出張してきました。
事前にお気に入りのハンドクリームをリクエストしておいたら、
たくさん買ってきてくれました。
いつもならワインリストも渡しますが今回はまだワインを口にできる状態ではないので、
リクエストしなかったのですが、1本だけ買ってきましたcoldsweats01(ATA RANGI シャルドネ)
ATA RANGIのピノ・ノワールは私がNZワインを好きになったきっかけのワインです。
早くワインを愉しめるようになりたいなぁconfident

2016年も残り少なくなってきましたが、今年を一文字で表すとズバリ
今シーズン広島カープからどれほどの感動と勇気をもらったかわかりません‼︎
今はオフシーズンで寂しいですが、選手の皆さんにはゆっくり休んで英気を養ってもらいたいですね。

Nz2016


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

師走なのに

12月に入り体調を崩し、冴えない毎日ですweep
楽しみにしていた京都&奈良旅行は中止、更に13才の冷蔵庫が危篤状態に。。。
冷蔵庫選びはOttoに任せるわけにはいかないので、頑張って電器店へ行き、
古い冷蔵庫の掃除はOttoにだいぶ手伝ってもらって何とかなりましたcoldsweats02

気分が落ち込みがちの時は、寄り添ってくれるような優しい曲や、
少しでも明るい気持ちになれるような曲を聴いています。
あまり元気過ぎる曲は逆効果かな?と。

ベートーヴェン ピアノソナタ 悲愴 第2楽章
ショパン 舟歌 嬰へ短調
フランク ヴァイオリン・ソナタ イ短調 第4楽章
など。

クリスマス頃までには復活できるといいなぁconfident

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« November 2016 | Main | January 2017 »