« December 2016 | Main | February 2017 »

チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル@ミューザ川崎

2017年1月19日(木) 19時開演
ミューザ川崎 シンフォニーホール

notesプログラム
ベルク ピアノ・ソナタ ロ短調 Op.1

シューベルト ピアノ・ソナタ 第19番 ハ短調 D958

ショパン 24の前奏曲 Op.28


2017年 第一回目の演奏会は、ミューザ川崎にチョ・ソンジンさんのピアノを
聴きに行ってきました。
2015年のショパン国際ピアノコンクールの優勝者で、ソウル出身の22歳。

キラキラとした透明感のある美しい音、
力強さと繊細さのバランスが素晴らしい、正統派ピアニストという印象。

凛としたシューベルトも素敵でしたが、
ショパン 24の前奏曲 Op.28がいちばん印象に残りました。
ショパコンの時の演奏が楷書だとすると、行書。
少し変化を付けて演奏していました。

24色の宝石が煌めいているような演奏shine
ショパンのプレリュードの魅力を再認識させてくれたソンジンさんに感謝です。

所作が初々しく、独特の緊張感も伝わってきて、
こちらまでドキドキ・・・とても贅沢で濃密な2時間でした。

アンコール
ショパン マズルカ Op.30-4
ブラームス ハンガリー舞曲 第1番


ショパンコンクールでポロネーズ賞を受賞した英雄ポロネーズ

1/17 ミューザの2日前のサントリーホールではアンコール3曲で、
なんとバラード1番と英雄ポロネーズが演奏されたとかsign03
密かに期待していましたが、残念ながら叶いませんでした。
また、いつか。。。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

冬の花2017

Hana201701
三連休は上野のトーハク(東京国立博物館)に行ってきました。
「博物館に初もうで」1/2~1/29、国宝「古今和歌集(元永本) 上帖」や
国宝「松林図屛風」など新春特別公開と、吉祥をテーマにした作品、干支の酉に
ちなんだ特集などお正月らしい作品が鑑賞できます。

日本の美術品では特に焼き物や仏像が好きなので、じっくり楽しめました。
年の始めに日本の伝統的な美しいものを鑑賞するのも良いものですね。

一階と二階の踊り場に展示されていた生け花は、若かりし頃習っていた池坊の作品。
凛とした美しさに魅せられます。

Hana201702
ベランダガーデニングは、年末にようやく冬バージョンにしました。
定番カラーのパンジー。

Hana201703
こちらはラベンダーレースという品種。
花弁がフリンジになっていて、繊細で可憐なお花です。

Hana201704
山茶花はマンションの敷地内に咲いています。
ーーー
1/9 BSジャパンのエンターザミュージックで、横山幸雄さんと関西フィルの
ラフマニノフ ピアノ協奏曲3番の演奏がありました。
いつか生で聴いてみたいと願っていますconfident


| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年もよろしくお願いします

遅ればせながら、新年おめでとうございます。
今年もCATNIP Collectionをどうぞよろしくお願いします。

2005年に始めたブログも、今年で13年目に入りました。
進歩のないブログですが、マイペースで続けていけたら・・と思っています。

喪中が2年続いたので、久しぶりのお正月気分fuji、実家で母のお世話をしながら、
マルに遊んでもらったりして、比較的穏やかに過ごせました。

Maru20170102
新年早々、また猫だんごが見られましたheart01
大きな身体がねむねむクッションからはみ出しています。

Maru20170103

チーのちょっと迷惑そうな顔が笑える。

Maru201701
お母さん手作りの、鳥さんの被り物。
マル&チー、今年も元気に過ごしてねclover


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »