« ヒヤシンス開花 | Main | 砥部焼の器 »

THE ヴァイオリン協奏曲

いろいろな曲を聴き、様々な楽器や声楽のことを知るほど、
やっぱりヴァイオリンとピアノが一番好きだなぁ〜と再認識する今日この頃。
ヴァイオリン演奏を聴くのはこれまで室内楽中心だったけれど、これからは
コンチェルトも少しずつ聴いてみたいと思っていた矢先、
池袋の東京芸術劇場でヴァイオリニストの五嶋龍さんの
コンチェルトがあると知り、昨年11月初めにチケットを取りました。
出遅れたのでステージから遥か遠い3階席でしたが、
同じく準・龍さんファン?の友人と聴きに行ってきました。

2017年3月21日 東京芸術劇場 コンサートホール 19時開演

エリアフ・インバル指揮
ベルリン・コンチェルトハウス管弦楽団

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
ヴァイオリン 五嶋龍

マーラー 交響曲 第1番 ニ長調 巨人

クラシック界の若きスーパースター 龍さんがソリストということもあり、
ホールは満席で客席はいつもより若い女性が多かったです。
メンコンの愛称で親しまれているメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は
定番中の定番。
龍さんの美しく艶やかなヴァイオリンで、華やかでロマンチックな名曲を堪能‼️
もっともっと龍さんのヴァイオリンを聴きたいと思いました。
壮大なオーケストラとソリストの演奏を楽しめるコンチェルトは
室内楽とはまた違った魅力がありますね。

マエストロはマーラーがお得意だそうですが、
後半のマーラーの巨人は、残念ながら好みではありませんでした。
(演奏云々ではなく曲自体が。アンチGだからという訳でもなく。)

先日、会員になっているフィリアホールからのチラシが届き、
何気なく見ていたらなんとラファウ・ブレハッチのリサイタルが‼️
もし来日したら聴きに行きたいと思っていたピアニストの筆頭、
しかも家から近く馴染みのあるホールにブレハッチが来るなんて、
信じられないくらいです。
ダメもとで先行予約に申し込んだら、当選しチケットが取れました。
500人程の小さなホールでブレハッチの演奏が聴けると思うと
半年以上も先ですが今から本当に待ち遠しいですconfident

ここ数年、横山さん中心でぷち追っかけ状態でしたが、
今年はもう少し幅広く聴きに行こうと思います。

Ryugoto


|
|

« ヒヤシンス開花 | Main | 砥部焼の器 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86956/65051485

Listed below are links to weblogs that reference THE ヴァイオリン協奏曲:

« ヒヤシンス開花 | Main | 砥部焼の器 »