« 水無月 | Main | 暑中お見舞い »

樫本大進&アレッシオ・バックス デュオリサイタル

2017年7月12日(水) 19時開演
東京オペラシティコンサートホール

樫本大進(ヴァイオリン)
アレッシオ・バックス(ピアノ)

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ト長調 K. 301

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト長調 Op. 78「雨の歌」
ーーー
シマノフスキ:神話 Op. 30

グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ短調 Op. 45

アンコール
グルック: メロディ

Daisininf_det_image_541

樫本大進さんのヴァイオリンを一度聴いてみたくて、オペラシティへ。
大進さんはドイツを拠点にソリストとして世界を舞台に活躍、
2010年からはベルリンフィルの第1コンサートマスターを務める38歳。

大進さんのヴァイオリンは、この上なく艶やかで美しく、
知的で繊細であり、情熱的でもあり、期待通りでした

まず最初のモーツァルトは、明るく軽やかで幸せな気分になれました。

次はブラームス。この曲は日頃、古澤巌さんと高橋悠治さんのCDで聴いているのですが、
聴けば聴くほど好きになる、本当に深く味わいのある曲です。
古澤高橋デュオに比べると若いデュオですが、しっとりと情感豊かで、
ブラームスの世界に引き込まれました。やっぱり好きだなぁと再確認

シマノフスキは少しだけ予習して臨んだのですが、私には難しい曲でした。

グリーグは圧巻でした。華麗で情熱的で、とにかくかっこいい
痺れました。この日の席は19列目、欲を言えばもう少し前方で見たかった(^^)
ヴァイオリンソナタにまた一つお気に入りが増えました。

蒸し暑い不快な気候を吹き飛ばしてくれる、極上の2時間でした。
このところ体調がよくなくて、この日も大丈夫かなと不安もありましたが、
帰りには元気が出てきました

帰宅してすぐスポーツニュースをチェック、Carpはジョンソン投手の好投で、
前半戦ラストのゲームに勝利し、貯金23で終えることができました。
後半戦もCarpらしい野球で、実りの秋を迎えましょう。

|

« 水無月 | Main | 暑中お見舞い »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 樫本大進&アレッシオ・バックス デュオリサイタル:

« 水無月 | Main | 暑中お見舞い »