« December 2017 | Main | February 2018 »

チョ・ソンジン ピアノリサイタル@横浜みなとみらい

2018年1月28日(日)横浜みなとみらい大ホール 14時開演

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 「悲愴」op.13

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 op.109
---
ドビュッシー:映像 第1集 第1番 水の反映 第2番 ラモーを讃えて 第3番 運動

ショパン:ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 op.58
---
アンコール
シューマン:幻想小曲集 第3曲 「なぜに」

ショパン: 革命のエチュード

ショパン:スケルツォ 第2番

2週続けて、みなとみらいへ。
ソンジンさんのリサイタルは3回目ですが、
今回はチケット購入に出遅れたので、2階右側席です。

大ホールは満員御礼、2千人の聴衆がたった一人のピアニストの演奏に集中するって、
考えてみると凄いことですよね。

今回楽しみにしていたのが、昨年の東京芸術劇場でも聴いたドビュッシー。
端正で美しく、透明感のあるソンジンさんのピアノは、ドビュッシーがよく似合うと
思います。
水の反映、本当に水がキラキラと光に反映しているような美しさでした

ベートーヴェンの ソナタ 30番も、
悲愴や熱情とはまた違った、味わい深い美しさが素敵でした。
後期のソナタはこれから少しずつ、聴いてみようと思います。

ショパンのソナタ、ショパンコンクールでは2番を弾いたソンジンさんですが、
3番も期待通りの、端正ながらも力強い演奏でした。

芸術劇場の時もそうだったけれど、アンコールが凄い。
スケルツォ2番は圧巻‼️ 会場が興奮の渦に❗️
(個人的には英雄ポロネーズを期待していたんですが

今回の日本ツアーでは、プログラムがA(ドビュッシー 映像第2集)、B(映像第1集)と
あり、横浜みなとみらいはB、東京オペラシティなどはAでした。

昨年パリからベルリンに拠点を移して、ベルリンフィルとの初共演も果たしたそう。
次にチャンスがあれば、コンチェルトを聴いてみたいと思います。

Cho_1784


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ショパン&ラフマニノフ 珠玉の協奏曲の響宴

横山幸雄 ショパン&ラフマニノフ 珠玉の協奏曲の響宴

2018年1月20日(土)13時開演 横浜みなとみらい大ホール

ピアノ 横山幸雄
指揮 下野竜也
新日本フィルハーモニー交響楽団

第1部
ショパン ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11

ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 Op.21

第2部
ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43

ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18

アンコール
横山幸雄: オマージュ・ア・ラフマニノフ" ヴォカリーズ "
ーーー

2018年 本格的な演奏会は横山幸雄さんでスタートです。
一つの演奏会で4曲のコンチェルト‼️
横山さんのならではの超人的でゴージャスな、
まるでプレステージシャンパンを4種類味わうようなコンサートでした。

第1部のショパンの1番は、ショパン20歳の頃に書かれた、
華やかでみずみずしく、どこか哀愁もある名曲。
私は特に優美な第2楽章が好きで、生で聴くたびウルっとしてしまいます。
この日も疲れた心に、優しく染み入ってきました

2番は1番に比べると聴く機会は減りますが、繊細でナイーブな曲。
横山さんにとっては、ショパンコンクールファイナルで弾いた思い出の曲でもありますね。
(ファイナルは1番を弾く人が圧倒的に多い)

第2部はロシアのロマン派を代表するラフマニノフ。
1曲めのパガニーニの主題による狂詩曲、知っているような知らないような⁇
通して聴いたことはなかったので、事前に調べて聴き込みました。
ピアノの演奏技巧に溢れた変奏曲で甘美な第18変奏は有名ですが、
この曲だったとは初めて知りました❗️
とにかくカッコいい曲で、横山さんによく似合っていました。

ピアノ協奏曲第2番は、先日も取り上げましたが、
濃厚なロマンチシズムに満ちた壮麗な曲で、フィギュアスケートでも有名です。
いつもCDで聴いていますが、やはり生演奏は迫力満点で、感動的でした。
エンディングは2000人の拍手と感動の渦が、しばらく収まりませんでした。

そしてまさか!のアンコールは、ご本人編曲によるヴォカリーズ。
高揚感を鎮めるような、美しい曲でした。

美しく端正なショパン、そしてラフマニノフは熱く、壮大で、、
コントラストも見事です

ところで、応援している若手ヴァイオリニスト ビルマン聡平さんが、
1年程前に第2ヴァイオリン首席奏者として新日本フィルに入団されたので、
この日は二重の楽しみでした。
私の席は前方右側だったので、ビルマンさんはピアノの影になって足しか見えませんでしたが

オーディションから試用期間を経て、本採用になるまでのいきさつを聞いていたので、
今まであまり馴染みなかったオーケストラというものに親しみを感じるようになりました。
長く研鑚を積み選ばれた一握りの人だけが、このような舞台に立てるのだと思うと、
改めてすごいなぁと思います。
ビルマンさんのこれからの活躍も楽しみです。


Minatomiraiimg_1783

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一生行かない気がする・・?

しらべぇ(調査サイト)に一生行かない気がする都道府県 意外な県が一位
とあり、見てみると一位は沖縄県でした。
意外? 2007年に行きましたが、また行きたいくらい楽しかったです。

2位は佐賀県……妙に納得してしまいますが、20年程前伊万里に行きました。
3、4位は鳥取県、島根県が続き。。山陰は私も行ったことがありません!
でも出雲大社に行ってみたいので、そのうち行くかもしれません?
5位は青森県、一昨年秋に初めて行きましたが、奥入瀬は素晴らしいところでした。

私の、一生行かない気がする都道府県は、
1位徳島県 ❗️
Ottoの生まれ故郷が愛媛県なので、香川、高知は行ったけれど

反対に何度足を運んでも飽きない、魅力を感じるのは京都府、奈良県。
特に奈良県は心の故郷のように感じており、
今年もぜひ行きたいです(^^)
食なら九州が好き。関東とはかなり文化が違って面白いです。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

2018年始動

あけましておめでとうございます。
CATNIP Collectionは今年13年目になりますが
細く長く、楽しみながら続けられたら嬉しいです。

今年はCarpの史上初3連覇、
スカッとCS通過&日本シリーズが観た〜い
その先に悲願の日本一があれば最高

ともあれ健康で、穏やかに心豊かに日々過ごせたら幸いです。

本年もよろしくお願いします

Scat1
ネコキチは毎年猫年です(^^)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« December 2017 | Main | February 2018 »