« 一生行かない気がする・・? | Main | チョ・ソンジン ピアノリサイタル@横浜みなとみらい »

ショパン&ラフマニノフ 珠玉の協奏曲の響宴

横山幸雄 ショパン&ラフマニノフ 珠玉の協奏曲の響宴

2018年1月20日(土)13時開演 横浜みなとみらい大ホール

ピアノ 横山幸雄
指揮 下野竜也
新日本フィルハーモニー交響楽団

第1部
ショパン ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11

ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 Op.21

第2部
ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43

ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18

アンコール
横山幸雄: オマージュ・ア・ラフマニノフ" ヴォカリーズ "
ーーー

2018年 本格的な演奏会は横山幸雄さんでスタートです。
一つの演奏会で4曲のコンチェルト‼️
横山さんのならではの超人的でゴージャスな、
まるでプレステージシャンパンを4種類味わうようなコンサートでした。

第1部のショパンの1番は、ショパン20歳の頃に書かれた、
華やかでみずみずしく、どこか哀愁もある名曲。
私は特に優美な第2楽章が好きで、生で聴くたびウルっとしてしまいます。
この日も疲れた心に、優しく染み入ってきましたconfident

2番は1番に比べると聴く機会は減りますが、繊細でナイーブな曲。
横山さんにとっては、ショパンコンクールファイナルで弾いた思い出の曲でもありますね。
(ファイナルは1番を弾く人が圧倒的に多い)

第2部はロシアのロマン派を代表するラフマニノフ。
1曲めのパガニーニの主題による狂詩曲、知っているような知らないような⁇
通して聴いたことはなかったので、事前に調べて聴き込みました。
ピアノの演奏技巧に溢れた変奏曲で甘美な第18変奏は有名ですが、
この曲だったとは初めて知りました❗️
とにかくカッコいい曲で、横山さんによく似合っていました。

ピアノ協奏曲第2番は、先日も取り上げましたが、
濃厚なロマンチシズムに満ちた壮麗な曲で、フィギュアスケートでも有名です。
いつもCDで聴いていますが、やはり生演奏は迫力満点で、感動的でした。
エンディングは2000人の拍手と感動の渦が、しばらく収まりませんでした。

そしてまさか!のアンコールは、ご本人編曲によるヴォカリーズ。
高揚感を鎮めるような、美しい曲でした。

美しく端正なショパン、そしてラフマニノフは熱く、壮大で、、
コントラストも見事ですshine

ところで、応援している若手ヴァイオリニスト ビルマン聡平さんが、
1年程前に第2ヴァイオリン首席奏者として新日本フィルに入団されたので、
この日は二重の楽しみでした。
私の席は前方右側だったので、ビルマンさんはピアノの影になって足しか見えませんでしたがcoldsweats01

オーディションから試用期間を経て、本採用になるまでのいきさつを聞いていたので、
今まであまり馴染みなかったオーケストラというものに親しみを感じるようになりました。
長く研鑚を積み選ばれた一握りの人だけが、このような舞台に立てるのだと思うと、
改めてすごいなぁと思います。
ビルマンさんのこれからの活躍も楽しみです。


Minatomiraiimg_1783

|
|

« 一生行かない気がする・・? | Main | チョ・ソンジン ピアノリサイタル@横浜みなとみらい »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86956/66308818

Listed below are links to weblogs that reference ショパン&ラフマニノフ 珠玉の協奏曲の響宴:

« 一生行かない気がする・・? | Main | チョ・ソンジン ピアノリサイタル@横浜みなとみらい »