« ショパン&ラフマニノフ 珠玉の協奏曲の響宴 | Main | 1000件目指そう »

チョ・ソンジン ピアノリサイタル@横浜みなとみらい

2018年1月28日(日)横浜みなとみらい大ホール 14時開演

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 「悲愴」op.13

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 op.109
---
ドビュッシー:映像 第1集 第1番 水の反映 第2番 ラモーを讃えて 第3番 運動

ショパン:ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 op.58
---
アンコール
シューマン:幻想小曲集 第3曲 「なぜに」

ショパン: 革命のエチュード

ショパン:スケルツォ 第2番

2週続けて、みなとみらいへ。
ソンジンさんのリサイタルは3回目ですが、
今回はチケット購入に出遅れたので、2階右側席です。

大ホールは満員御礼、2千人の聴衆がたった一人のピアニストの演奏に集中するって、
考えてみると凄いことですよね。

今回楽しみにしていたのが、昨年の東京芸術劇場でも聴いたドビュッシー。
端正で美しく、透明感のあるソンジンさんのピアノは、ドビュッシーがよく似合うと
思います。
水の反映、本当に水がキラキラと光に反映しているような美しさでした

ベートーヴェンの ソナタ 30番も、
悲愴や熱情とはまた違った、味わい深い美しさが素敵でした。
後期のソナタはこれから少しずつ、聴いてみようと思います。

ショパンのソナタ、ショパンコンクールでは2番を弾いたソンジンさんですが、
3番も期待通りの、端正ながらも力強い演奏でした。

芸術劇場の時もそうだったけれど、アンコールが凄い。
スケルツォ2番は圧巻‼️ 会場が興奮の渦に❗️
(個人的には英雄ポロネーズを期待していたんですが

今回の日本ツアーでは、プログラムがA(ドビュッシー 映像第2集)、B(映像第1集)と
あり、横浜みなとみらいはB、東京オペラシティなどはAでした。

昨年パリからベルリンに拠点を移して、ベルリンフィルとの初共演も果たしたそう。
次にチャンスがあれば、コンチェルトを聴いてみたいと思います。

Cho_1784


|

« ショパン&ラフマニノフ 珠玉の協奏曲の響宴 | Main | 1000件目指そう »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference チョ・ソンジン ピアノリサイタル@横浜みなとみらい:

« ショパン&ラフマニノフ 珠玉の協奏曲の響宴 | Main | 1000件目指そう »