« August 2018 | Main | December 2018 »

ウィーン・ニコライ弦楽四重奏団

2018年10月6日(土)14時開演 フィリアホール

現役のウィーンフィルメンバーによる
弦楽四重奏を聴きに行ってきました。

ウィーン・ニコライカルテットは、2012年にその活動を始め、
ウィーンにおいて室内楽の最高の薫陶を受けた弦楽四重奏団です。
彼らのレパートリーは古典ロマン派であり、ドイツ、オーストリアの
王道作品を得意とするそうです。

ヘーデンボルク和樹 (1stヴァイオリン)

ベンジャミン・モリソン (2nd ヴァイオリン)

ゲルハルト・マルシュナー (ヴィオラ)

ヘーデンボルク直樹 (チェロ)

曲目

ハイドン :弦楽四重奏曲ハ長調Hob.III:77 「皇帝」

モーツァルト :弦楽四重奏曲ニ長調 K.575 「プロシヤ王第1番」

ベートーヴェン :弦楽四重奏曲第9番ハ長調 op.59-3
「ラズモフスキー第3番」

アンコール

モーツァルト 弦楽四重奏曲第14番ト長調 k.387
「春」より第3楽章 アンダンテ・カンタービレ

普段弦楽四重奏曲を聴く機会はほとんどありませんし、
ピアノの演奏がないコンサートに行くことも
あまりありません。
でも大好きな弦楽器だけを味わい愉しむひととき、
想像以上に素晴らしくて、行って良かったと思いました。

ヘーデンボルク直樹さんのチェロを聴くのは2度目です。
2年前初めて直樹さんの演奏を聴いた時、衝撃を受けました。
今まで聴いたことのあるチェロとは別次元の美しさだと思いました。

またいつか。。と思っていたら、意外に早くチャンスが訪れました。
3月、会員になっているフィリアホールから今回のコンサートの案内がきて、
先行予約で2列目中央の席が取れました。

格調高く、華麗で美しい演奏だけでなく、
メンバーの表情も、アイコンタクトも良く見えて最高の贅沢でした。

3曲それぞれに作曲家の特徴が出ているのかな?と思いましたが、
普段あまり馴染みのないハイドンの「皇帝」いちばん良かったです。
このジャンルの様式を確立したのがハイドンで、
最も有名な曲目なんですね。

アンコール曲は和樹さんが紹介してくれました。

500人収容のこじんまりとしたホールで世界最高峰の演奏を堪能できて、
贅沢な非日常でした

1539662854083.jpg

No,962

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お久しぶりです

こんにちは、お久しぶりマルです。
僕もチーも元気です。
暑過ぎる夏が終わって、急に秋が来ました。
暑さが苦手な僕はホッとしています。

広島カープさんがリーグ3連覇を達成したので、
Hiroおばちゃんとおじちゃんは
とっても喜んでいます。でもCSが心配なんだって。。。

去年のリベンジをして、
今年こそ日本シリーズが観たい‼︎
そして日本一にってHiroちゃんは言っています。

この画像はおかあさんが撮りました。

1535195816108.jpg
NO.961

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2018 | Main | December 2018 »