« ボヘミアンラプソディ | Main | 球春 »

南イタリアのお土産に思うこと

Solemto

もう10年以上も前にOttoが南イタリアのソレントに出張した時に
買って来てくれたお土産の壁飾りです。

当時は何だか地味だなぁ、、と思い、
なんとなく玄関に飾るというか、置いていました。
ところが年末に大掃除をした時に改めてよく見てみると、
なぜか気に入ってしまい、自分の部屋に飾ることにしました。

陽が当たらない場所に置いていたので色褪せもなく、
状態は◎です。

いくつになってもカワイイもの好きだと思っていたけれど、
年を重ねて、少しずつ好みが変わってきたんですね。
我ながら可笑しくなっちゃいました

調べてみるとこの寄木工芸はintarsio(インタルシオ)と呼ばれる
1800年代からソレントに伝わる伝統工芸のようです。

今度箱根に行ったら、寄木細工をじっくり見てみようかな。
これからどんどん好みが渋くなるのかしら

NO.969

|

« ボヘミアンラプソディ | Main | 球春 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南イタリアのお土産に思うこと:

« ボヘミアンラプソディ | Main | 球春 »