« あたま富士が・・ | Main | 樫本大進の「四季」 »

ショパンのバラードなら4番が好き

6月22日(土)放送 題名のない音楽会は 横山幸雄さんがゲストで

「ショパン通になれる休日」と題して

ショパンに関するキーワードを教えてもらうという内容でした。

その一つをご紹介させていただきます。

ーーーーー

「ショパンのバラードなら4番が好きだな」

ショパンはバラードを1番から4番まで4曲残しています。

演奏される機会は1番がいちばん多いですが、敢えて4番を選ぶことで通に見えます。

1番はパッと入ってくる感じですが、

4番はだんだん人の心にじわりじわりと沁み込んでくる、

天から降ってくる感じ。(横山さん談)

ーーーーーー

そうなんですよ〜 〜おっしゃる通り

何百回聴いても、こころに響く、沁み込んでくるんです‼︎

通に見えるとかはどうでもよくて、

横山さんの入魂のショパンに通ったおかげで、

ショパンの全体像がつかめましたが、

とにかくショパンの最高傑作のひとつだと思います。

私の知っているショパン通 作曲家の先生は、幻想ポロネーズが

一番好きだそうです。(私は幻ポロよりも幻想曲が好き(^^)

NO.984

横山先生の教え子 辻井伸行さん

|

« あたま富士が・・ | Main | 樫本大進の「四季」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« あたま富士が・・ | Main | 樫本大進の「四季」 »