チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル@サントリーホール


チョ・ソンジン ピアノ・リサイタル

2019年9月24日(火) 19時開演  サントリーホール

曲目

モーツァルト:幻想曲 ニ短調 k.281

モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第3番 変ロ長調 k.281

シューベルト:幻想曲「さすらい人」ハ長調 D760/Op.15

-----

ベルク:ピアノ・ソナタ ロ短調 Op.1

リスト:ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178

-----

アンコール

ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番 葬送 第3楽章

モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第12番 k.332 第2楽章

-----

久しぶりにチョ・ソンジンさんのリサイタルに行ってきました。

重厚なプログラムなので、私には難易度が高いかとも思い

悩んだ末のチケットゲット。そのため席は二階の後ろの方。

幸い?左側だったので、演奏する姿は見えました。

シューベルトもすごく良かったですが、なんといっても

圧巻はリストのソナタでした。

横山さんのCD プレイズリストに入っているこの曲を

初めて聴いたときは頭の中が❓でいっぱいでした(・・;)

でも聴き込んでいるうちに少しずつ良さがわかってきて、

今回生で聴いてみて、リストらしい超絶技巧が散りばめられていて、

聴かせるだけでなく、見せる、魅せる曲だと感じました。

プログラムが終わり、鳴り止まない拍手の中、

ソンジンさんがピアノの椅子に座ると、聴衆は息をのんでアンコール曲を待ちます。

するとあの葬送が! ちょっと驚きました👀

でも中間部が夢のように美しくて好きなんです。

天国へ昇っていくような。。

ソンジンさんの弾くいろいろな曲を堪能できて、贅沢なひと時でした。

------

緒方監督、本当にお疲れ様でした。

寡黙で生真面目、不器用なところもあるけれど、情に厚い。

九州男児のイメージそのものです。

私たちファンに3連覇という最高の夢を見せてくれて

ありがとうございました❗️

NO.994

| | Comments (2)

千住真理子 横山幸雄 デュオ・リサイタル

千住真理子さんと横山さんのデュオ・リサイタルは3回目。

2019年8月29日(木)14時開演 横浜みなとみらいホール

楽曲

J.S.バッハ :主よ、人の望みの喜びよ

J.S.バッハ  :アルマンド,シャコンヌ (ヴァイオリン独奏)

      (無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 BMV1004より)

バッハ/ブゾーニ  :シャコンヌ(ピアノ独奏)

F.ショパン :バラード第1番 ト短調 Op.23 (ピアノ独奏)

-----

J.S.バッハ :アリオーソ

T.アルビノーニ :アダージョ

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調 Op.47「クロイツェル」

-----

アンコール G線上のアリア

-----

今回のリサイタルは珍しく予習不要でした。大好きな曲が多く、

特にバッハ/ブゾーニのシャコンヌがいちばん楽しみでした。

横山さんのCDでいつも聴いていて、いつか生で聴いてみたいという

5年越しの願いがようやく叶ったのです😃 期待通り素晴らしかった。

ピアノ1台で、まるでオーケストラのような壮大で華麗な演奏❗️ 

ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタで一番好きな「クロイツェル」は

いろいろな演奏者で聴いていますが、今回も聴きごたえ満点でとても素敵でした。

お二人の衣装は白を基調にした、夏のリゾート風。

デザインしたコシノヒロコさんも会場で演奏を楽しまれていました。

こちらもどうぞ⇩

黄金のデュオ 矢部達哉&横山幸雄リサイタル

NO.992

 

| | Comments (2)

仲道郁代 ピアノ・フェスティバル


仲道郁代 ピアノ・フェスティバル Vol.2

2019年7月14日(日)16時開演 東京芸術劇場コンサートホール

プログラム 第1部 2台ピアノ 第2部 5台ピアノ

 201907  

出演  仲道郁代(芸術監督)

菊池洋子 實川風 藤田真央 松田華音 横山幸雄 (五十音順)

キャリアも演奏スタイルも違う6人のスターピアニストが2台、5台のピアノを弾くという、

あまり聞いたことのない豪華な演奏会。まさにフェスティバル!

先月チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門2位を獲った藤田真央くんの

演奏も聴けてラッキーでした。

トークもハプニングも多い珍しいコンサートでしたが、それもご愛嬌⁉︎

各々のキャラクターが出ていて楽しかったです。

5台ピアノは豪華で壮観、オーケストラのようでした。

個人的には全体に2台ピアノの方が好みでしたが(^^;;

この日は超絶技巧や華麗さよりも、2台ピアノによる、繊細で清涼感のある

「月の光」(ドビュッシー)、「白鳥」(サンサーンス)が特に心地よかったです♪ 

ジメジメした梅雨空が長く続いているせいかも?

アンコールは6人全員3台12手による、ニュルンベルクのマイスタージンガー、

元気をもらって帰ってきました。

NO.986

201907001

| | Comments (0)

樫本大進の「四季」

ベルリン・バロック・ゾリステン with 樫本大進&ジョナサン・ケリー

2019年7月4日(木) 19時開演 ミューザ川崎シンフォニーホール

曲目

アルビノーニ:オーボエ協奏曲 ニ短調 op.9-2

ヴィヴァルディ:弦楽のための協奏曲 ト短調 RV156

マルチェッロ:オーボエ協奏曲 ニ短調

ヴィヴァルディ:オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 変ロ長調RV548
-----

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」 op.8,Nos.1-4

-----

アンコール 四季 夏 第3楽章 冬 第2楽章

-----

この3年、7月初旬には樫本大進さんのコンサートに行っています。

初めて聴いた時の衝撃❗️ 昨年は表情までよく見える席でドキドキ💓

2回ともオペラシティコンサートホールでしたが、

今年はリニューアルしたミューザで、世界のカシモトの演奏を

堪能することができました。

前半はオーボエの温かく美しい音色に癒されました。

お目当は何と言っても大進さんの四季‼︎

ヴィヴァルディの四季はとても有名なので、知っているような気になっていましたが、

春夏秋冬通してじっくりと聴いてみるとやはり名曲だなぁと思います。

冬がいちばん好き♪と思っていましたが、夏も良いですね(^^)

大進さんと息のあったメンバーのロックのようなexcitingな四季、

サイコーでした‼️  夏の第3楽章、ぜひ聴いてみてください。

来年も行くぞ〜‼️

 

NO.985

| | Comments (0)

ショパンのバラードなら4番が好き

6月22日(土)放送 題名のない音楽会は 横山幸雄さんがゲストで

「ショパン通になれる休日」と題して

ショパンに関するキーワードを教えてもらうという内容でした。

その一つをご紹介させていただきます。

ーーーーー

「ショパンのバラードなら4番が好きだな」

ショパンはバラードを1番から4番まで4曲残しています。

演奏される機会は1番がいちばん多いですが、敢えて4番を選ぶことで通に見えます。

1番はパッと入ってくる感じですが、

4番はだんだん人の心にじわりじわりと沁み込んでくる、

天から降ってくる感じ。(横山さん談)

ーーーーーー

そうなんですよ〜 〜おっしゃる通り

何百回聴いても、こころに響く、沁み込んでくるんです‼︎

通に見えるとかはどうでもよくて、

横山さんの入魂のショパンに通ったおかげで、

ショパンの全体像がつかめましたが、

とにかくショパンの最高傑作のひとつだと思います。

私の知っているショパン通 作曲家の先生は、幻想ポロネーズが

一番好きだそうです。(私は幻ポロよりも幻想曲が好き(^^)

NO.984

横山先生の教え子 辻井伸行さん

| | Comments (0)

サマーステップコンサート♪

第105回サマーステップコンサート

2019年6月15日(土) オーチャードホール 16時開演

ヴァイオリンとお話  千住真理子

指揮 岩村力 東京フィルハーモニー交響楽団

マリンバ 塚越慎子

司会 好本惠

Stepconcert

6月はコンサートの予定がなかったのですが、友人がチケットを入手してくれたので

一緒に行ってきました。

今回のテーマはオペラと超絶技巧。

マリンバの超絶技巧は初めてで、新鮮な驚きと感動がありました。

ステップコンサートはファミリー向けの親しみやすく楽しい内容で、

いつも元気をもらえますが、今回も楽しくリフレッシュできました😃

アンコールの千住真理子さんの♪愛の悲しみの余韻に浸りながら、

雨の中帰りました。

NO.982

 

| | Comments (0)

入魂のショパン2019

横山幸雄 入魂のショパン 第10回記念特別公演 「ショパン全作品演奏会」

2019年5月3日(金)14:30 開演 東京オペラシティコンサートホール

横山幸雄(ピアノ)

トリトン晴れた海のオーケストラ(コンサートマスター 矢部達哉)

曲目

ドン・ジョヴァンニの「お手をどうぞ」の主題による変奏曲 変ロ長調 Op.2

ポーランドの民謡の主題による幻想曲 イ長調 Op.13

演奏会用ロンド「クラコヴィアク」ヘ長調 Op.14

-------

ピアノ協奏曲 第2番 ヘ短調 Op.21

アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調 Op.22

--------

ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11

--------

毎年恒例の入魂のショパン、今年は3日間に渡りショパンの全作品を演奏する企画。

私は第1日目(オーケストラとの協奏作品)を聴きに行ってきました。

横山さんのショパンを聴くのは久しぶり。

美しく、華麗で力強い横山ショパン、やっぱり素敵❤

華麗なる大ポロネーズの超絶技巧‼️

個人的にはちょっと切なくて瑞々しく美しいpf協1番がいちばん好き。

とびきりの非日常、心から癒されました。

残念だったのは真後ろの男性が頻繁に咳をしていたこと。

どうして響かないようにハンカチで口を押さえることができないのでしょう?

横山さんは3部ともお召し替え、コシノヒロコさんデザインの衣装でお出ましになりました。

特に第3部は真っ赤なジャケットで登場すると、わぁ〜という感嘆の声が会場に溢れました。

私たちマダムのアイドル?  ピアノ王子って感じですね。

NO.976

Daimei2019

| | Comments (0)

ニューイヤーコンサート2019

ニューイヤーコンサート2019
〜どこかで出会った、あのメロディ〜
2019年1月2日(水) 15時開演 Bunkamura オーチャードホール

東京フィルハーモニー交響楽団
指揮 大友直人
ギター 村治佳織✳︎
司会 朝岡聡

曲目

ヨハン.シュトラウスII ワルツ「春の声」

ロドリーゴ アランフェス協奏曲✳︎

ラヴェル ボレロ
---
年末にニューイヤーコンサートに行きたいと思い立ち、
近くで行けるホールを探したら、オーチャードホールに
東京フィルのニューイヤーコンサートが見つかりました。

当日券でもいいかなとだめ元で電話してみたら、
1月2日S席にキャンセルが出たということで、
1階18列中央という良い席が取れました。

事前に告知されていたのはこの3曲のみで、
あとは当日のお楽しみ福袋というユニークな企画。
30曲の中からいろいろな方法で3曲の選んでいきます。

まずはマエストロがサイコロを転がして出た数字が30
(数字と曲名はリストを参照)

「ET」より フライングテーマ

2曲目は客席から抽選で当たったお客さんからのリクエストで

エルガー:威風堂々

3曲目はリクエスト1位の曲なのですが、
(私たち聴衆はそれぞれ入場時に1つだけリクエスト曲を選んで投票しています。)
なんと威風堂々だったそうで、次点2位の曲の演奏になりました。

スターウォーズよりテーマ

そして抽選で当たったお客さんの指揮によるラデツキー行進曲

アンコール 雷鳴と稲妻

福袋曲、3曲のうち2曲が映画音楽だったので、
クラシックにそれほど興味のないOttoには幸いでしたね。
ちなみにリクエスト曲、私はウィーンフィルを真似て「美しく青きドナウ」、
Ottoはスターウォーズのテーマを選んだとか。

ショートバージョンとは言え、どの曲が選ばれてもいいように
30曲も準備するオーケストラは大変だったそうです。

休憩時間に獅子舞が会場を練り歩いたり、
スポンサーからの商品の抽選会などもあり、
お正月らしく華やかで音楽以外にもとても楽しいコンサートで、
来年も行けたらいいなと思いました。

今年もたくさん良い音楽を聴きに行きたいです。

Continue reading "ニューイヤーコンサート2019"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

横山さんのドビュッシー

横山幸雄 クロード・ドビュッシーに捧ぐ

2018年12月27日(木) 19時開演 紀尾井ホール

第1部
横山幸雄:バッハ=グノーのアヴェ・マリアの主題による即興

J.S.バッハ:平均律クラーヴィア曲集 第1巻より第1番 ハ長調BWV846
平均律クラーヴィア曲集 第2巻より第14番 嬰へ短調BWV883

ショパン:24の前奏曲 ハ長調 作品28

第2部
ドビュッシー(横山幸雄編曲) 牧神の午後への前奏曲

ドビュッシー:映像 第1集 水に映る影 ラモーをたたえて 運動

喜びの島

第3部 ドビュッシー 前奏曲第1集

ドビュッシー没後100年にあたる2018年、
ラストは横山さんのドビュッシーを
聴きに行ってきました。

1部ではバッハの美しさにドキッとしました。
いちばん楽しみにしていたのは喜びの島。
2017年5月東京芸術劇場でチョソンジンくんの演奏を聴いたとき、
横山さんの演奏も是非聴いてみたいと思ったのです。
横山さんに似合う曲のような気がして。

ドビュッシーにしては珍しく、感情が溢れる曲です。
熱さと激しさと、、、でも横山さんらしく、感情に溺れない大人の喜びの島、
素晴らしかった、魅了されました
圧倒的に女性が多い会場の雰囲気も熱くなっていました。

都合により第3部は聴かずに帰りました。
アンコールはなかったそうです。

今年もたくさん演奏会に行くことができました。
(ブログ記事にしていないものもあります)
来年も良い音楽を聴きに行きたいと思います

No,965

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウィーン・ニコライ弦楽四重奏団

2018年10月6日(土)14時開演 フィリアホール

現役のウィーンフィルメンバーによる
弦楽四重奏を聴きに行ってきました。

ウィーン・ニコライカルテットは、2012年にその活動を始め、
ウィーンにおいて室内楽の最高の薫陶を受けた弦楽四重奏団です。
彼らのレパートリーは古典ロマン派であり、ドイツ、オーストリアの
王道作品を得意とするそうです。

ヘーデンボルク和樹 (1stヴァイオリン)

ベンジャミン・モリソン (2nd ヴァイオリン)

ゲルハルト・マルシュナー (ヴィオラ)

ヘーデンボルク直樹 (チェロ)

曲目

ハイドン :弦楽四重奏曲ハ長調Hob.III:77 「皇帝」

モーツァルト :弦楽四重奏曲ニ長調 K.575 「プロシヤ王第1番」

ベートーヴェン :弦楽四重奏曲第9番ハ長調 op.59-3
「ラズモフスキー第3番」

アンコール

モーツァルト 弦楽四重奏曲第14番ト長調 k.387
「春」より第3楽章 アンダンテ・カンタービレ

普段弦楽四重奏曲を聴く機会はほとんどありませんし、
ピアノの演奏がないコンサートに行くことも
あまりありません。
でも大好きな弦楽器だけを味わい愉しむひととき、
想像以上に素晴らしくて、行って良かったと思いました。

ヘーデンボルク直樹さんのチェロを聴くのは2度目です。
2年前初めて直樹さんの演奏を聴いた時、衝撃を受けました。
今まで聴いたことのあるチェロとは別次元の美しさだと思いました。

またいつか。。と思っていたら、意外に早くチャンスが訪れました。
3月、会員になっているフィリアホールから今回のコンサートの案内がきて、
先行予約で2列目中央の席が取れました。

格調高く、華麗で美しい演奏だけでなく、
メンバーの表情も、アイコンタクトも良く見えて最高の贅沢でした。

3曲それぞれに作曲家の特徴が出ているのかな?と思いましたが、
普段あまり馴染みのないハイドンの「皇帝」いちばん良かったです。
このジャンルの様式を確立したのがハイドンで、
最も有名な曲目なんですね。

アンコール曲は和樹さんが紹介してくれました。

500人収容のこじんまりとしたホールで世界最高峰の演奏を堪能できて、
贅沢な非日常でした

1539662854083.jpg

No,962

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧