欧州出張土産<KLMデルフトブルーハウス>

Ottoが出張で久しぶりにKLMに搭乗、
成田で機体変更があり、ビジネスにアップグレードされたそうです。
ラッキー‼
今でも続いているんですね〜搭乗記念のミニチュアのデルフトハウス。

現在は全部で95種類もあるようですが、
KLMのHPですべてが見られます。
多くが実在の家をモデルに作られており、カワイイしセンスいい‼
コレクターがいるというのも、うなづけますね。
今回はNO.3 House in Amsterdam。

Klmhouse

KLMミニチュアハウス(2010.6.29)

メニュー表がお土産なんて、普通の奥様なら⁇でしょうが、
機内誌とか都市のパンフレットなども大好き。安上がりでしょ(笑)
特に普段縁のないビジネスクラスのワインリストとなれば興味津々です。

シャンパンは ニコラフィアット ブリュット、
白は珍しいオランダワインで品種はオーセロワ 、南アのシュナンブラン、
ロゼはプロヴァンス、
赤はNZマールボロの ピノノワールと、
チリ・コルチャグアヴァレーのカルメネール、
ポート、デザートワイン、日本酒の銘柄もおもしろいです。

2011年のフランス(シャンパーニュ、パリ)を最後に、
ヨーロッパから遠ざかっていますが、また行けるとしたら
ブルゴーニュ、ボルドー、ラインガウ(ドイツ)、
トスカーナ(イタリア)のワイナリー巡りをしたいなぁ。。。confident

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ミッフィーのマグネット<デルフト焼き>

ここ数日、<デルフト焼きのミッフィー>の検索で来てくださる方がちらほらいらっしゃるので、
マグネットも紹介しようと思います。
前回デルフト焼きのタイルを紹介したのがちょうど4年前のワールドカップの時期でした。
記事はこちら

今大会はオランダ、準決勝で惜しかったですねwobbly
縁のない南米よりは、なじみのある国を応援したくなります。
こうなったらぜひドイツに優勝して欲しいです。

さてこちらのマグネットは大きさ約7センチで、とてもかわいらしいですが、
伝統あるデルフト焼きです。
なぜミッフィーが日の丸を持っているのか? は、想像ですが、
2008-2009 日本オランダ年(日蘭外交150周年&日蘭通商400周年)の
記念ではないかと思います。
(オランダ国旗を持ったバージョンもあるし、2009年頃Ottoが購入してきたので。)

Delftmiffy1


Delftmiffy2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

チーズカッティングボード<スイスのおみやげ>

またまた放置ブログになってしまいましたcoldsweats01
もう六月も三分の一終わってしまいましたねrain

先日、Ottoがスイスに出張したので、チーズのカッティングボードを買ってきてもらいました。
どうしても必要というものではありませんが、チーズを切る時にあると便利です。
素朴でシンプルなボードで、スイスらしい山とホルンを吹く人が焼印されています。

適当なチーズがなかったので、リモージュボックスを乗せてみました。
この二つのチーズのリモージュ、かなり気に入っていますheart01

Cheeseboard1


| | Comments (3) | TrackBack (0)

ノルウェーのおみやげ

Norwayと聞いて思い浮かぶもの・・・フィヨルド、サーモン、ベルゲン・・・あとは??
行ったことがないので、発想が貧弱ですcoldsweats01
Ottoがノルウェーの方から珍しいおみやげをいただいてきたので紹介しますね。
封筒に入っていたのでなんだろう?と思ったら、木のシートでできたランプシェードでした。
ノルウェーの伝統工芸なのでしょうか。初めて見ました!
ノルウェーの森のイメージ!?
ナチュラルな雰囲気が素敵、リスもカワイイです。
Norway1


Continue reading "ノルウェーのおみやげ"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ひまわりのお札

7月を待たずして、猛暑到来sweat01
今年の夏はいったいどうなってしまうのでしょうかsign02

夏の花といえば、真っ先に思い浮かぶのがひまわりですが、
これはユーロになる前の、50ギルダー紙幣。
私にとって最も親しみのある、渡航回数の多い外国・オランダのお札です。
紙幣やコインコレクションの趣味はありませんが、
とてもカラフルで素敵なので、記念にとってあります。
見れば見るほどきれいでカワイイお札。。。
日本では考えられませんね。
▽ひまわりの花に蜂が止まっている。
Gilder1

▽裏面のひまわり畑がとくに好き。地図も描かれている。
Gilder2
最近はオランダから遠ざかってしまいましたが、
また機会があったら気候のいい時期(冬以外)に訪れてみたいと思います。
チューリップの時期のキューケンホフと、ゴッホの美術館は何度行ってもいいですよhappy01
ひまわりと言えばゴッホのイメージがありますが、
ゴッホ美術館はアムステルダム市内にあり、クレラー・ミュラー美術館は
オランダ最大の国立公園デ・ホーヘ・フェルウェの森の中にあります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ドイツのミニ・クリスマスツリー

今日はドイツで買ってきた小さなクリスマスツリーを紹介します。
場所はたしかニュルンベルクだったと思います。
高さはわずか6センチ。
テディベアと木馬がドイツらしい雰囲気をかもしだしていて、とても気に入っています。
台になっている部分の底を見たら、ZINN(錫)93%とありました。

ニュルンベルクは、おもちゃメッセが開かれるドイツでも有数のおもちゃ都市。
かつては200あまりのおもちゃメーカーがあり、特に錫で作るおもちゃや飾りは、古くから盛んだったそうです。
ニュルンベルク中央駅にほど近い職人広場には、こうした伝統が息づく民芸品のお店が並んでいます。

ピントが合っていない部分がありますが、お許しくださいねcoldsweats01
Xmastree5_2
Xmastree6
プレゼントのribbonの結び目は裏にありますね。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

ワインボトルのエプロン

先日に引き続き、東欧のおみやげを紹介しますね。
(検索フレーズランキング、**のおみやげ・・って意外と多いので。)
これはハンガリー・ブダペストで買った、ボトルエプロン。
薄での布で出来ていて、刺繍がしてあります。
ブダペストは刺繍製品が多く、大きなものはテーブルクロス、ブラウス、エプロンなどの衣類、小さなものはドイリーやコースターなどがありました。
東欧らしい素朴であたたかい雰囲気があり、薄くてかさばらないものが多いので、おみやげには向いていると思います。
ボトルエプロンは何のボトルに使っても良いのでしょうが、ハンガリーはワイン銘醸地なので、
やはりワインボトルに使うのがいいでしょうね。
我が家にはハンガリーワインはありませんので、エプロンをしているのはボルドーボトルさんです。
Bottleapron1
エプロンのポケットには小さめのコースターが6枚入っています。
刺繍をよく見ると、ピンクの花、赤の花、両方の色と・・一枚ずつ微妙に違っていてカワイイ
ホームパーティーなどに良さそうです。

ハンガリーの旅行記にも書いているのですが、
私もよく使っている形容詞カワイイをブダペストで現地の人から聞いたときは驚きましたhappy01
それだけ日本人観光客が多いということかもしれませんが、
スシ、トウフと同じように、世界中どこでも通じるようなことばになるかもしれませんcat

Bottleapron2


| | Comments (4) | TrackBack (0)

スロバキアのおみやげ

先日部屋の片づけをしていたら、こんなものが出てきました。
1998年に旅行した、スロバキアの首都・ブラチスラヴァで買ったおみやげです。
ざっくりした布に刺繍してあるものですが、横長で端が縫ってないので、何に使うというわけでなく、
紙袋に入ったままになっていました。
東欧らしい素朴で可愛らしいモチーフが気に入って買ったのに、長い間眠らせて可哀想なことをしましたconfident
額に入れて、どこかに飾ろうと思います。
スロバキアは西欧とはまったく雰囲気が違って、新鮮な驚きの連続でした。
なかなかチャンスがないところなので、あの時思い切って行ってよかったな~と今思います。
Slovakia_2

| | Comments (6) | TrackBack (0)

デルフト焼きのミッフィー

ワールドカップ決勝は残念でしたが、今回はtulipオランダのデルフト焼きの飾りです。
以前クリスマスプレートを紹介したことがありましたが、これはオランダを代表するキャラクター ミッフィーとのコラボ。
(オランダではナインチェという名前で呼ばれています。)
デルフト焼きは風景や花などがモチーフになっているものが多いので、ちょっと珍しいかな?
ユトレヒト出身のディック・ブルーナさんの描くミッフィーは、世界中で愛されていて、日本でも大人気ですね。
グッズはオランダみやげの定番といえるのでは。
いつもはビビッドカラーの中にいるミッフィーですが、シックなデルフトブルーの世界に入ると、
またひと味違った魅力を感じますheart01
<13×13センチ>

Miffy1


Miffy2


| | Comments (7) | TrackBack (0)

KLMミニチュアハウス

なかなか捨てられないもの、いろいろあるけれどcoldsweats01。。。
KLMのビジネスクラスの搭乗記念品のミニチュアハウスもそのひとつ。
散在していたのを並べてみたら、アムステルダムの街並みができました。
オランダの伝統的な家をかたどった、デルフトブルーの陶器の置物で、
中にはジュネーヴァ(GENEVER オランダのジン)が入っています。
それぞれに番号が付いていて、ひとつひとつデザインが異なっているので、
世の中にはきっとコレクターもいるのでしょうね。
(大きさは約10センチくらい。)
普段はもちろんエコノミーですが、私も2004年にオーストリアに行ったとき、
成田→アムステルダム便がオーバーブッキングのためビジネスにアップグレードされたことがあって、
ひとつもらいました。
行きだったので、荷物になるしちょっと??と思ったのですが、
今になってみるといい記念になりましたhappy01
Klm1
Klm2

| | Comments (9) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧